【電池交換できるTile Mate】コスパ最高だけどGPS機能は?呼び出し音も動画でレビューします。

目次

スマホで鍵が探せる、鍵でスマホが探せる「Tile」を紹介

いつもカギやスマホをなくします。すぐに見つける方法はありますか?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

・リモートで音を鳴らすことができるスマートタグ「Tile」を紹介
・実際に購入してレビューします。

毎日のように「スマホ」や「鍵」などを探す人も多いのではないでしょうか?

最近話題のスマートタグを使えば、リモートで音を鳴らして簡単に見つけることができます。
非常に便利なアイテムですが、小型ゆえにバッテリーが心配です。

使い捨てタイプが多い中、今回は電池交換が可能な「Tile Mate」という商品を紹介します。

機能もコスパも最高なので、ぜひ最後まで読んでください!

スマホで鍵が探せる、鍵でスマホが探せる「Tile」を紹介

最近は、鍵に音の鳴るアクセサリー・・・いわゆるキーファインダーをつける人が増えています。

佑輔
佑輔

最近ではスマートタグとも言います。

最近の主流はスマホと連動させるタイプです。

スマホに専用のアプリをいれてキーファインダーとBluetooth接続して使用します。

スマホのアプリを操作することで鍵につけたキーファインダー(スマートタグ)を鳴らすことができます。

また、キーファインダー(スマートタグ)のボタンを押すことでスマホから音を鳴らすことができます。

つまり、どちらかが見つからない時にお互いに音を鳴らすことができます。

コスパ最高で機能も十分なのが「Tile」

今回紹介するのは、「Tile」という製品です。
スタンダードなTile Mateと機能がアップしたTile Proがあります。

今回はTile Mateを購入したので紹介します。

Tile Mateは重さ7.5gですので、鍵につけても重さを感じることはありません。

大きさは3.5cm×3.5cmですが、鍵につけるキーホルダーと考えれば邪魔には感じません。

使い方はシンプルです。

スマホのアプリから鍵を呼び出すとTileから音がなります。

Tileの中央のTileと書かれた部分を押すとスマホから音がなります。

Tileからスマホの呼び出しの時、アプリが立ち上がっていなくてもスマホから音を鳴らすことができます。

通信最大距離は45mなので、遮蔽物のない部屋であれば確実に反応してくれます。ドアが空いていれば隣の部屋からでも鳴らすことができます。

スマホからなる音は変えることができます(Tileからなる音は変更できません)

※画面が明るすぎて色が飛んでしまうため、全体的に暗くして撮影しています。

TileのGPSの検索は有効か?

この手のスマートタグについていることが多いGPS検索機能ですが、よく勘違いする人がいます。
スマートタグ自体にGPSの機能も位置情報を直接送る能力もありません。

Tileに関しても同じです。Tileを紛失してしまった場合、Bluetoothの圏外になってしまうと位置の確認ができません。

近くにTileを使っている人がいれば有効!

もし、Tileのアプリをインストールしている人が、たまたま落としたTileのそばを通ると、Tileはそのスマホを介して位置情報を送ることができます。

この時の位置情報は、そのスマホの位置情報です。(そのスマホには、個人情報や使われたという情報もいっさい通知されません)

つまり、Tileのアプリをインストールしている人が、たまたまそばを通る必要があります。つまり、Tileの利用者の数次第ということになります。

佑輔
佑輔

これはTileに限らず他のスマートタグ製品でも同じです。

比較的人口の多い盛岡市で探してみると、使っている人が544人いるようです。

佑輔
佑輔

Tileは日米でシェアNo1なので、それなりにいるようです。

しかし、この範囲で544人だとすると、GPS通知機能はあまり期待できないかもしれません。

Tileはスマートスピーカーに対応している

Tileは、最近流行りのスマートスピーカーAmazon Alexa、Google アシスタント、Siriにも対応しています。スピーカーに話しかけるだけで、Tileやスマホを鳴らすことができます。

Tileのコストパフォーマンスは?

Tileは他のスマートタグと比べても十分な機能を持っています。また、特筆するべきはその価格です。

スタンダードなTile Mateが2000円前後で購入できます。

Tile Mateは電池交換ができるからコスパ抜群

Tile Mateは電池交換が可能です(できないモデルもありますので注意が必要です)。

電池はCR1632なので、1個あたり160円くらいです。電池は1年近く持つのでコストパフォーマンスはかなり高いと思います。


使ってみた感想

Tileの本体に関しては、大きさも重さも気にならずに使えています。

使う前は音量がどうかなぁと心配でしたが、全然問題ありませんでした。すぐにどこにあるかわかります。

鍵が見当たらないとき、スマホをどこかに置いたか忘れてしまった時などに使っていますが、控えめに言ってすごい便利です。

これが2000円以下で買えるのはかなりお得だと思いました。

Tileがあれば、イライラから解放される

Tileのスタンダートモデル「Tile Mate」は、鍵などの小物やスマホを無くす人にオススメです。

お出かけ前や忙しい時の探し物は、ついついイライラしてしまいがちですが、Tileがあれば解決できます。

2000円で買えて電池交換も可能なのでコストパフォーマンスも抜群です。

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれますので、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる