アマゾンタイムセール中

【Windows10でスクリーンショット】Petty Camera(ぺティカメラ)は無料で高機能!ダウンロード法と使い方

ゆづき

Windows10で使えるスクリーンショットソフトがほしい!

そんなあなたの要望にお答えして、無料で手軽に使える画面スクリーンショットソフト「Petty Camera(ぺティカメラ)」を紹介します。

Petty Cameraの特徴
  • 撮りたい範囲に枠を広げてポチッとワンクリックするだけ
  • ショートカットキーを使えばプルダウンもキャプチャできる
  • 非常に軽いソフトなので使いやすい
  • インストールしなくてもUSBから起動できる
  • ファイル名は日付+時間になるから管理しやすい
  • JPG、BMP、GIF、PNGでキャプチャできる。

とにかく手軽に使えて機能も十分!いろんな場面で活躍します。

サクッと使い方を紹介します。

ゆづき

ブログ運営やプレゼン資料作りにも役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

無料でスクリーンショット!Petty Camera(ペティカメラ)はこんなソフト

ペティカメラの概要図

Petty Cameraを起動すると、紫の枠がでてきます。この枠がキャプチャーする範囲になります。

右下の三角マークをドラッグすると範囲が自由に変えられます。

キャプチャボタンをクリックするか、設定したショートカットキーでキャプチャできます。

Setting:設定できる項目

ペティカメラの設定の図

Settingで、保存形式JPEGの圧縮度保存場所キャプチャのショートカットキーなどを設定することができます。

スクリーンショット(キャプチャ)したときのファイル名

キャプチャするたびに、指定したフォルダにファイルが保存されていきます。

ペティカメラの保存名

形式は、西暦-月-日-時刻となります。時刻は秒数の下3桁まであるので、ダブることはありません。

次々にキャプチャしても、時系列で並んでくれます。

ショートカットーキーの使い道

Petty Cameraはショートカットキーでもスクリーンショットが撮れます。

ゆづき

この機能が非常に便利なんです。

menu dropdown

例えば、このようにマウスオーバーでドロップダウンリストが展開する場合、マウスでキャプチャーボタンを押そうとすると、リストが閉じてしまいます。

そんなとき、ショートカットキーを使うとマウスマウスオーバーしたままでキャプチャーできます。

だから、上記のような画像がキャプチャできます。

インストール不要だから会社やネットカフェでも使える

ペティカメラはインストールが不要です

ダウンロードしたファイル(プログラムファイル)をそのままUSBに保存しておけば、USBから起動できます。

つまり、ペティカメラをインストールしていないPCにUSBをさして、USBのファイルからPetty cameraを起動して使うことができます。

管理者権限が使えない、会社やネットカフェのPCではソフトがインストールができないことが多いですが、ペティカメラならUSB上で起動できます。

MEMO
PettyCameraは実行ファイル単体で動くのでUSBメモリに入れて持ち運べます。

保存先をUSBメモリ内のフォルダにすれば、保存も簡単です。会社やネットカフェのPCでも好きなだけ画面キャプチャができます。

Petty Cameraはどこで手に入る?

こちらのサイトでPettyCameraがダウンロードできます。⇒ ダウンロードサイト

対応OSは、Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaとなっていますが、Windows7やWindows10でも問題なく動いています。

最近、正式にWindows7やWindows10の32bit、64bitで動作することが明記されました。

どこにダウンロードしてもOKです。exeファイルを好きな場所に保存してください。

アイコンをダブルクリックします。

Pettycamera icon

PettyCameraが起動して使えるようになります。

ゆづき

無料で簡単にスクリーンショットがとれて、しかもネットカフェでも使える「ペティカメラ」。ぜひ一度使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です