Photoshop7はまだまだ使える!windows10にインストールする方法を紹介

PhotoShop7をWindows10にインストールするには

2020年1月14日でWindows7のサポートが終了します。

Windows7からWindows10への移行を検討している人も多いのではないでしょうか?

そうなると心配になるのがソフトの互換性です。当然Win10だと使えないものもでてきます。

特の高価なソフトが使えなくなるとダメージがでかいです。

今回は、AdobeのPhotoShop7をWindows10にインストールする方法を紹介します。

PhotoShopの買い切りライセンスは消滅

Photoshopは、現在Creative Cloud(※)のみとなり、買い切りライセンス版は存在しません。(※毎月一定額を払うことで最新のAdobe製品を使用することができます。)

できれば、Win10でも昔のバージョン(PhotoShop7)を使い続けたいですよね。

Photoshopは、現在Creative Cloud(※)のみとなり、買い切りライセンス版は存在しません。(※毎月一定額を払うことで最新のAdobe製品を使用することができます。)

Win10にインストールできない!?

さて、まずはこちらの画面をみてください。

Win10にPhotoshop7をインストールしているところです。

インストーラーが起動して、一見問題が無いように見えます。

しかし、インストーラーのインストールアイコンをクリックしても何も起こりません。(いろいろ試しましが、解決しませんでした)

インストーラーは動いていますが、何かが邪魔しているようです。

Photoshop7をWindows10にインストールする方法

さて、ここからが本題。

解決策はセーフモードです。

セーフモードとは

①セーフモードで立ち上げる

インストールを邪魔している要因を排除するためにセーフモードで起動します。

Windows10をセーフモードで立ち上げるには

「msconfig」と入力

ここで注意が必要なのが、サインインのときに入力するのが、Microsoftアカウントのパスワードである点です。

セーフモードで起動する前に調べてメモっておきましょう。パスワードがわからないとセーフモードで起動できない⇒起動不可能になります。

②セーフモードのままインストール

セーフモードで起動したら、PhotoShop7のイントールCDを入れてインストーラーを起動します。

インストーラーのインストールのアイコンをクリックすると・・・インストールが開始されました。

つまり、「セーフモードでインストールする」だけです。

実際にwindows10 上で、PhotoShop7が問題なく動いています。

一緒にインストールされるimage Radyも問題なく動いています。

これで、PhotoShopを購入する必要はありませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です