【おすすめはコレ!】レゴクラシックの種類と中身の違い。一番安く買う方法も紹介

レゴがほしいけど、どれを買えばいいのかわかりません。
おすすめを教えてください。

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

・レゴのバリエーションによる違いを解説
・おすすめのシリーズを紹介
・一番安く買う方法を紹介

レゴはバリエーションが多いため、買うときに迷ってしまう人が多いです。

今回は、現在発売されているレゴのバリエーションの解説一番安く買うための方法を紹介します。

目次

レゴクラッシックの違いを解説

歴代のLEGO(レゴ)のバリエーション

LEGOの公式サイトをみてもわかりにくいのがLEGOのバリエーションです。

簡単に紹介します。

<過去にあったもの>

2016y03m05d_135115988

LEGOといえばこれ!というほど人気があったのが、「青いバケツ」「赤いバケツ」です。

その名のとおり、色のついたバケツに入って販売されていました。

現在は廃盤(~2014年)となってしまいましたが、時々在庫が売られています。

赤いバケツは3歳~青いバケツは5歳~という設定でした。

赤いバケツの方は小さい子でも扱いやすいように大きいピースが中心の構成となっていました。

現在のレゴのバリエーション

3歳未満向け:レゴデュプロシリーズ

2016y03m06d_162852036

レゴデュプロシリーズは小さい子向けのレゴです。口に入れたり、誤って飲んでしまわないように通常のレゴの4倍の大きさがあります。

佑輔
佑輔

3歳未満の場合はこちらが安全です。

サイズは大きいですが、通常サイズのレゴにも組み合わせられます。将来、通常サイズを買った場合でも無駄にはなりません。

お孫さんへのプレゼントにも最適です。

レゴ(LEGO) デュプロ デュプロのコンテナ デラックス 10913

レゴ(LEGO) デュプロ デュプロのコンテナ デラックス 10913

4,011円(09/30 13:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

レゴ(LEGO) デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス

レゴ(LEGO) デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス

10,300円(09/30 13:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

レゴクラッシックシリーズ

クラッシックシリーズといっても、古いシリーズというわけではありません。

さまざまなパーツがセットになった基本ブロックのシリーズです。黄色バケツとも呼ばれています。

現時点での主なバリエーションとブロックの数

  • 黄色のアイデアボックス(スペシャル):790ピース
  • 黄色のアイデアボックス(プラス):484ピース
  • 黄色のアイデアボックス(ベーシック):221ピース
  • アイデアパーツ(スペシャルセット):580ピース
  • アイデアパーツ(ベーシック):303ピース
  • アイデアパーツ(明るい色セット):303ピース

「ボックス」と「パーツ」の違いは入れ物

レゴクラッシックは、語尾に「~ボックス」、「~パーツ」が付きます。

中身も多少違いますが、大きな違いは入れ物です。

アイデアボックスシリーズは、収納箱がプラスチック製で、アイデアパーツシリーズは紙製です。


プラスチック製の箱は丈夫で便利です。2~3セットが余裕で入ります。

最初に買うならボックスシリーズ、買い足しならパーツシリーズがおすすめ

最初に買うならボックスシリーズをおすすめします。

箱がプラスチック製で耐久性が高いからです。大きめに作られているので2~3セット入ります。

佑輔
佑輔

一家に1個はボックスシリーズを買いましょう!

パーツシリーズの方が安く買えるます。まずはボックスシリーズを買って保管容器を確保したら、その後パーツシリーズで買い足すのがおすすめです。

どれがおすすめ?バリエーションと中身の違い

ここからはレゴクラッシクシリーズの違いを紹介します。

黄色のアイデアボックス(スペシャル):790ピース

レゴクラッシクの中で一番ピースの数が多いセットです。33色の基本ブロックに車輪やドア、円形の窓パーツも入っているのでお城にもピッタリです。

これだけあれば、大きな建物も作れます。満足度の高いセットです。

黄色のアイデアボックス(プラス):484ピース

アイデアボックスでは、2番目にピースの数が多いセットです。35色の基本ブロックに窓や目、たくさんの車輪が入っています。列車も作れるので乗り物好きの子にはピッタリです。

黄色のアイデアボックス(ベーシック):221ピース

レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<ベーシック> 10692

レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<ベーシック> 10692

1,450円(09/30 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

アイデアボックスの中では、一番ピースの数が少ないセットです。29色の基本ブロックに加えてドア、窓、車輪プロペラ、目などが入っています。

数は限られていますが、その分アイデアが生まれます。入門にピッタリです。

アイデアパーツ(スペシャルセット):580ピース

アイデアパーツシリーズの中では一番ピースの数が多いセットです。タイヤは4個入っているので車を一台作れます。透明パーツや目玉パーツもあります。

十字パーツを使ってヘリコプターも作れます。動物、乗り物がたくさん作れるセットです。黄色のアイデアボックスの追加用にも最適です。

アイデアパーツ(ベーシック):303ピース
アイデアパーツ(明るい色セット):303ピース

レゴ クラシック アイデアパーツ <明るい色セット> 10694

レゴ クラシック アイデアパーツ <明るい色セット> 10694

6,778円(09/30 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

どちらのセットも色が違うだけで入っているピース数や種類は同じです。「ベーシック」は落ち着いた色、「明るい色」は鮮やかな色が多く入っています。

タイヤは入っていませんが、怪獣やロボット、ロケットなどが作れます。

その他のアイデアシリーズ

アイデアパーツシリーズには、「動物セット」や「建物セット」といったように専用パーツシリーズもあります。

基本パーツが揃ったら専用パーツを集めるのもおすすめです。

佑輔
佑輔

すでのレゴを持っている人へのプレゼントにもおすすめです。

レゴ(LEGO) クラシック アイデアパーツ〈動物セット〉 11011

レゴ(LEGO) クラシック アイデアパーツ〈動物セット〉 11011

10,756円(09/30 20:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
レゴ(LEGO)クラシック アイデアパーツ 建物セット 10703

レゴ(LEGO)クラシック アイデアパーツ 建物セット 10703

15,000円(09/30 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

レゴはアマゾンで買うのがおすすめ

LEGO(レゴ)は、店舗やネットで購入できますが、買うなら断然ネットがおすすめです。しかも工夫次第で、かなりお得に買い足せます。

買うなら楽天ではなくアマゾンにしましょう! 同じものでもアマゾンの方が断然安いです。

安く買うポイントを紹介します。

ストアのセールを狙う

amazonのレゴストアでは、定期的にセールをしています。

商品数は多くはありませんが、かなりの値引きになるのでまずはここを確認してみてください。

▶ amazonのレゴストアを見てみる

納期による値引きを狙う

lego

アマゾンでレゴを検索すると、通常の価格(青矢印)の他に、さらに安い価格(赤矢印)が載っている商品があります。

この例では25%OFFですが、商品によってはもっと大きな割引となっています。

この二つの価格の差は、「納期」です。

高い方はすぐに購入可能ですが、値下げしてある方は入荷まで約3週間待ちです。(※入荷までの期間は商品によって違います)。

これが狙い目です。届くまでに少し時間がかかりますが、かなりお得に買うことができます。

佑輔
佑輔

買い足し用など急がない場合はこの方法がお得ですよ。

▶納期によるレゴの値引き品がないか見てみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次