乳酸菌を育てて、口臭とおさらば!プロデンティスとプロポリンスを試そう!

虫歯になりやすい人となりにくい人の違い

あなたのまわりには、今まで虫歯になったことが無い人、口臭が気にならない人はいませんか?

それに比べて、自分は歯磨きをこまめにしているのに虫歯があったり、口臭が気になる・・・。

この違いは何でしょうか?

それは、口の中(口内)の菌が原因かもしれません。

スポンサーリンク

口の中に住む雑菌たち

誰の口の中には、500種類以上の雑菌がいます。その数はなんと100億個といわれています。

非常に多いですが、それが500億になったり、1000億になることはありません。

口の中に限ったことではありませんが、菌の特性として無限に増えることはありません。多すぎると生存できないからです。

そのため、菌全体の数は一定です。その中で、それぞれの菌が勢力争いをしています。

口の中に住む菌の中にも、虫歯や口臭の原因となる悪玉菌と悪玉菌を除菌する善玉菌がいます

・悪玉菌・・・ミュータンスレンサ菌などの腐敗菌。虫歯口臭の原因

・善玉菌・・・乳酸菌などの発酵菌。悪玉菌を除菌する

善玉菌と悪玉菌の割合は人それぞれ違います。

生まれてから歯が生えるまでは、口の中に悪玉菌はいません。歯がないと生存できないからです。歯が生え始めると悪玉菌、善玉菌の両方が共存するようになります。

よく、赤ちゃんには親が使ったスプーンやはしなどを使わないほうがいいと言われます。これは、親の口の中にある悪玉菌が赤ちゃんの口の中に移るのを防ぐためなのです。

ある時期(3歳頃と言われています)まで成長すると菌の勢力争いもひと段落して、菌の割合も決まってきます。このとき善玉菌の割合が多いとその人はずっと虫歯になりにくい歯となります。

逆に、この時期に悪玉菌の割合が多いと、成長しても虫歯になりやすく、口臭がでやすい歯となります。

一度決まった口の中の菌の割合は、ほとんど変わらないと言われています。

イソジンや抗生剤である程度除菌できても時間がたてば元の割合に戻ってしまいます。では、口の中の環境を良くする方法はないのでしょうか?

プロバイテクィス =善玉菌を育てるという考え=

体内環境を整えるため、乳酸菌を代表とする善玉菌を食品から摂取するという考え方をプロバイテクィスといます。

身近なものでは、ヨーグルトやぬか漬け、納豆などの発酵食品があります。

最近では、口の中の環境を改善する方法として、このプロバイティクスが注目され利用されています。

バイオガイア プロデンティスのレビュー

予防歯科の先進国スェーデンから生まれたのがバイオガイア社のプロデンティスです。

もともと体内に存在した善玉菌(乳酸菌)を効率的に補給できます。

今回試してみましたので、レビューします。

prodentis

prodentis2

タブレットがシート状になっています。1シート10錠で、3シート入っていました。

prodentis3

タブレットは白色ですが、緑の粒々が入っています。実はこれはミントです。

これを一日1~2粒口の中で舐めて溶かします。

より効果を高めるために

口の中には、たんぱく質があります。もともと粘膜にあるものや食品のカスなどに含まれるものです。

実はこれは悪玉菌の栄養源になっています。そして、このたんぱく質を悪玉菌が分解するときに硫化硫黄が発生します。

これが、口臭の大きな原因です。たんぱく質とともに悪玉菌を減らした方が善玉菌を効率よく増やせます。

そこで話題のプロポリンスも一緒に使ってみました。

プロポリンスは口の中のたんぱく質を集めて固めてくれます。

口の中をくちゅくちゅとゆすぐだけで、たんぱく質とそれに含まれる悪玉菌を根こそぎ洗い流してくれます。

たんぱく質を簡単にお掃除!効果が見てわかる。プロポリンス600ml

プロデンティスで善玉菌を補給する一番いい時間帯は寝る前です。

歯磨きの後、プロポリンスでたんぱく質をしっかり取り除いてからプロデンティスを舐めました。

効果がでるまでの期間

効果がでるまでの期間は人それぞれのようですが、10日くらいで変化がわかるようです。口の中がちょっとだけピリピリしてきます。乳酸菌が生着してきた合図です。

この段階になると乳酸菌が悪玉菌を段階的に除菌してくれるようになります。一度生着してしまえば、3~5日ごとに使うだけで乳酸菌を維持できます。

一度きりの殺菌と違い、ずっと悪玉菌だけ除菌し続けてくれるので効果は絶大です。

次第に、口の中に歯垢がつきにくくなり、歯茎が元気になっていくのが実感できました。

ピリピリ感は、4日以上続いていますので5日に1錠のペースで大丈夫そうです。

どうしても口臭が良くならない、気になってしまう方は一度おためしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク