ラカントSは体に悪い?他の人工甘味料と比較して解説

ラカントSって体に悪いって聞いたんですが、本当ですか?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 有名な人工甘味料であるサッカリンとアステルパームの危険性について解説
  • ラカントSが安全な理由を紹介

この記事の結論

ラカントSは安全に使えます。

主成分のラカントエキスは羅漢果という果物から、エリスリトールはトウモロコシから抽出されているからです。

欧州食品安全機関(EFSA)でも安全性が確認されています。

この記事では、危険性と言われている他の人工甘味料との違いやラカントの安全性について紹介します。

目次

ラカントが体に悪いと言われる理由

「ラカント」は体に悪いらしい・・・。こんな話を聞いたことありませんか?

実は、この噂の発端は、昔ながらの人工甘味料だと言われています。

つまり

人工甘味料=体に悪いという認識 ⇒ ラカントも体に悪いのでは?

と感じているのが原因です。

今回は数ある人工甘味料の中で、危険性の指摘されている2つの人工甘味料の特徴・危険性とラカントが安全な理由を紹介します。

サッカリン

サッカリンは、1800年後半に発見された人工甘味料です。ドイツの化学者コンスタンチン・ファールバーグがコールタールの研究中に発見しました。

すぐに砂糖の代用品として商品化され、1900年後半からダイエット食品に使われ爆発的に広まりました。

砂糖の300倍近くの甘さをもち、痺れるような刺激的な後味があります。それでいて、カロリーがゼロであるため、ダイエットコーラの甘味料としても使われました。

しかし、動物実験により発がん性が指摘され、多くの国で使用禁止となりました。その後、サッカリンそのものではなく、サッカリンを作る過程で作られる副産物が原因と判明しました。

サッカリンには発がん性がないことがわかりましたが、一時期の発がん性騒動の影響で、日本では食品衛生法によって使用量に規制がされています。

アステルパーム

アステルパームは、アメリカの製薬会社サール薬品が、胃潰瘍の薬の研究中に発見した人工甘味料です。

その後、日本の「味の素」がパルスィートとして製品化しました。日本では、1983年に食品添加物として認可されています。

アステルパームは、砂糖の200倍近くの甘さをもち、少量でも甘さを感じます。現在、日本では市販されているさまざまな製品に使用されています

アステルパームはなぜ危険と言われるのか

アステルパームは、天然には存在しない化合物です。摂取すると、小腸でフェニルアラニンとアスパラギン酸、アミノ酸、メタノールに分解されて、最終的に吸収されます。

フェニルアラニン、アスパラギン酸はともに、神経性の興奮作用(興奮毒)が指摘されています。また、メタノールは吸収分解される過程で、ホルムアルデヒドや蟻酸に変わります。

特に蟻酸(ギサン)は、視神経に影響を与え、過剰な摂取は失明の危険があることがわかっています。

いずれも、過剰に摂取しなければ、健康被害を受ける可能性は低いと言われていますが、「危険である」という論文がある一方、利益相反のある研究者の全ての論文が「安全である」と結論づけていること、米FDAへの承認の過程で利益相反のある政治家が関与して承認されたとの疑惑もあり、危険だと感じている人が多いのも事実です。

一番メジャーな人工甘味料に安全性に疑問を持つ人が多いため、同じく人工甘味料であるラカントも体に悪いと思ってしまう傾向が見られます。

実際にはどうなのか、気になりますよね。

ラカントは体に悪い?

それでは、同じく甘味料である「ラカント」について安全性はどうなのでしょうか?

まず、他の甘味料との大きな違いは、ラカントの成分はすべて天然由来のものである点です。

ラカントSは、羅漢果の実からとれる羅漢果高純度エキス、トウモロコシから作られる天然甘味料「エリスリトール」からできています。

サッカリンやアステルパームと異なり、天然成分のみです。

ラカントは別の成分に変化しないから安心

サッカリンやアステルパームは、体内で分解されて危険な成分に変わりました。

一方、ラカントに使われる羅漢果エキス、エリスリトールは、吸収されずそのままの形で体外に排出されます。

どちらも体内で吸収できない成分であるため、カロリーも糖分もゼロとなります。

分解されて危険な成分にかわることがないので安心ですね。

エリスリトールの安全性

エリスリトールは欧州食品安全機関(EFSA)でも安全が確認されており、「食品添加物エリスリトール(erythritol)(E 968)の提案されている使用拡大の安全性に関する科学的意見書」では、エリスリトールの一日許容摂取量(ADI)を特定しない(=制限しない)としています。

【欧州食品安全期間(EFSA)】
欧州連合域内の食品の安全性に影響するあらゆることについて、専門家らによるリスク評価を行いその安全性などに関する科学的な情報の提供を行う機関

つまり、多く摂取しても問題はないということです。でも、以下のことには注意が必要になります。

エリスリトールで注意すること

エリスリトールは、健康上無害とされていますが、まれにアレルギーを持つ人もいます。摂取したあとに目が痒かったり、発疹が出た場合は中止してください。

また、糖アルコールの一種であるため、ガムに使われるキシリトールとおなじく、一度にたくさん摂取すると、おなかがゆるくなることがあります。

ラカントの原材料は安全管理が徹底管理されている

sささwさわさ

SARAYAの公式サイトによると、ラカントの安全性を保障するために、以下の取り組みがされています。

ラカントSの原材料である羅漢果の安全性について

・契約栽培農家の厳しい管理のもとに栽培
・害虫や他の農作物からの農薬の飛散をさけるために、空気のきれいな山の急斜面で栽培
・第三者機関により400項目の検査を実施

生成された羅漢果エキスの安全性について

・甘味成分の含有量検査、微生物検査、重金属検査などを実施
・外部機関により残留農薬検査を実施


ラカントSの原料である羅漢果の栽培、収穫、抽出まですべての段階でトレーサビリティができる品質管理を実施

エリスリトールの安全性について

・メーカーを厳選し、ラカントに最適なエリスリトールを採用
・エリスリトールの調達先である中国メーカーでも品質検査を義務付け
・日本での受け入れ時にも検査実施

ラカントSは体に悪い?のまとめ

ラカントSは、他の人工甘味料と違って人工甘味料のみでできています。
成分が変わることなく、そのまま排出されるため安全です。

材料の羅漢果もエリスリトールも徹底した安全管理のもと栽培、抽出されています。

欧州食品安全機関(EFSA)でも安全性が確認されており、一度に大量摂取しなければおなかがゆるくなることもありません。

天然甘味料のラカントSは他の(人工)甘味料よりも安全に、安心して使うことできます。

文献などを見る限り、糖尿病の人や低炭水化物ダイエットにも安心して使えそうです。こちらの記事も参考にどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次