癌(メラノーマ)かもしれない!安全なほくろと危険なほくろの見分け方!

甘く見ると命取り、危険なほくろの見分け方

からだのどこかに気になるほくろはありませんか?

もし急激に大きくなったり、いびつなほくろは危険なほくろの可能性があります。一度じっくり観察してみましょう。

安全なほくろと危険なほくろの見分け方を紹介します。

ほくろってなんだろう?

ほくろは、皮膚の中のメラニンという色素が集まったものです。

メラニンは、動物や植物だけでなく、菌類において生成される色素です。

黒褐色の真正メラニンとの橙赤色亜メラニンの2種類があります。

ヒトを含む脊椎動物では、主に皮膚の基底層などにあるメラノサイトで生成されます。

スポンサーリンク

メラニンの役割

紫外線とメラニン

動物では、多くのメラニンは皮膚の中に存在しています。そして、メラニン色素によって有害な紫外線を吸収して生物のDNAを守ってくれています。

※遺伝的な問題によってメラニンが合成されない固体である「アルビノ」は、メラニンを合成できる固体に比べて、優位に皮膚がんになりやすい。

ほくろのできるわけ

遺伝の影響

ほくろは、「優性遺伝」するといわれています。

そのため両親のどちらかがほくろが多ければ、子共にも遺伝しやすくなりますい。また、ほくろが多い人は、お肌は色白である場合が多いためより目立ちやすくなります。

後からできるほくろ(後天的なもの)

ほくろは後天的な影響で増えることもあります。

例えば、「日焼け」もそのひとつです。もともと色白な体質の人は、紫外線に弱く、赤くなることが多くなります。

お肌を守ろうと、メラノサイトが活性化していきます。最初は小さな点のようなシミができ、次第に大きくなって最後にはほくろになります。

それ以外に日焼けに気を付けていても、年齢と共に増えていく場合もあります。

ほくろの問題

ほくろはメラニン色素が集まったものであり、健康上問題はまったくありません。

しかし、位置や大きさによっては、美容上気になることもあります。

また、ほくろの位置などで、顔の印象が変わるもの事実です。

特に思春期は、ニキビと共に悩む人が多くなっています。

ほくろはとれるの?

どうしても気になるのであれな、ほくろはとることがでます。

一般的にメスで切開したり、レーザーで焼いて取り除きます。切除後は、紫外線に当てないなど数カ月はケアが必要となります。

直ぐに無くなるわけではなく、場合によっては数回行う必要がありますが、数か月で目立たなくすることもできます(大きさや位置によって違います)

費用は?保険は使えるの?

気になる費用ですが、保険が使えれば当然安くできますが、美容目的の場合は保険は使えません。

しかし、病院によってほくろの取り扱い方が違うので、脂肪腫といった扱いにしてくれる病院では、保険が使えることもあります。

医療機関で聞いてみるのが一番確実です。保険が効かない場合でも数千円~数万円のようです(大きさや取る方法によっても違います。)



危険なほくろに注意

美容上以外は健康にはまったく問題のないほくろですが、中には危険なほくろがあります。

厳密には、ほくろに似ていますがほくろではありません。

悪性黒色腫(メラノーマ)

最近では、南海キャンディーズのしずちゃんのボクシングトレーナーだった梅津正彦さんが悪性黒色腫でお亡くなりになりました。

2012年に見つかって2013年にお亡くなりになられました。44歳という若さでした。

メラノーマは、メラニンを作り出しメラノサイトが癌化してできると考えれらています。

初期はほくろと見分けがつきません。実際、初期のものはほくろそのものである場合もあります。

過度に紫外線を浴びたり、継続的な刺激によって癌化するといわれています。(医学的に詳しいことは分かっていません)

足ほくろ

特に日本人の場合、足の裏に発生する割合が多いといわれています。

足の裏は歩くたびに刺激を受けるため、メラノーマが発生しやすいのです。

その他にも、手のひらのほくろが、長期間刺激を受けて癌化することもあります。

爪 メラノーマ
まれに爪にできることもあります。

癌の中でもたちが悪い

メラノーマは、一度できると、急速に大きくなります。

特に若い人ほど転移が早く、見つかってから1~2ヶ月で内臓に広がって亡くなるケースも多い病気です。

そして、癌治療の主力である放射線治療、抗がん剤がなかなか効きません。

診断は皮膚科の専門医に任せよう

一見素人目には、ほくろとの見分けはつきません。実は医師のでも専門としている人でないと分かりません。

皮膚がんや皮膚腫瘍は、一部を切り取って病理検査でどのような病気か調べることが多いですが、メラノーマの場合それは厳禁です。組織を切り取ったりすると、一気に体に広がるといわれています。

診断には専門の皮膚科医がルーペで注意深く見るしかありません。

もし、足の裏のほくろが、急に大きくなったり、色が薄くなったりした時は、迷わず「皮膚科」を受診しましょう。整形外科はだめですよ。

目安としかなりませんが、もしほくろにこのような変化があったら受診を考えてください。

メラノーマ
メラノーマ2
メラノーマ3

・大きさが6mm以上
・いびつな形をしている
・急に大きくなった気がする
・色が薄くなってきたり、まだらになっている
・盛り上がってきた
・ほくろの辺縁がにじんできて境界が分かりずらくなった

今はこのような状態でなくても、足の裏にほくろがある。手のひらにほくろがある。爪の一部が黒い。人は注意深く状態を見てください。

ほとんどの場合は、問題ないことが多いですが、まれにメラノーマがまぎれていることがあります。

初期であえばは生存率も高いですので、後悔しないためにもとにかく早い段階で一度受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク