アマゾンタイムセール中

手のひらのほくろ。占いをする前に要チェック

あなたの手のひらのほくろは大丈夫?

手相占いでは、手のひらにあるほくろの数や位置も大事といわれています。

手のひらにほくろがあること自体強運らしいです

でも、ちょっとほくろ自体にも注目してみてください。

手のひらのほくろには要注意

人間誰しも1個や2個はほくろがあります。多い人だと全身にあります。

ほくろがあること自体は、健康には問題ありません。

でも、それは本当にほくろでしょうか?

ほくろはメラノサイトの集まり

ほくろは、皮膚の中にあるメラノサイトという細胞が集まったものです。

メラノサイトはメラニン色素を含んでいるため、黒色をしています。

メラニン色素は、有害な紫外線を吸収し皮膚を守ってくれています。

ほくろに良く似た癌メラノーマ

メラニンを作りだすメラノサイトは、何かのきっかけで癌化することがあります。

それが、悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる皮膚癌です。

メラノーマには、末端黒子型黒色腫、結節型黒色腫、表在拡大型黒色腫、悪性黒子型黒色腫があります。

メラノーマの原因はいくつかありますが、紫外線によるDNAの損傷、メラノサイトに対する長期的な刺激などがあります。

手のひらは刺激を受けやすい

手のひらは物をつかんだり、たたいたりするときに刺激を受けます。

長期的な刺激は、メラノーマの発生と悪性化に悪影響を与えます。

そのため、手のひらや足の裏にほくろがある場合注意が必要です。

日本における悪性黒色腫の発生割合は、手のひらや足の裏など四肢の末端にできやすい末端黒子型(ALM)がもっとも多くなっています。

メラノーマは、皮膚癌の中で最も危険

メラノーマは、発生頻度は少ないですが非常に危険な皮膚癌です。

悪性化のスピードが他の皮膚がんと比べてダントツに早いため、5年生存率曲線が別枠で設定されています。

種類によっては発病して数週間~数ヶ月死亡することもあります。

癌の標準治療である抗がん剤、放射線治療にも抵抗性で効果がありません。進行が早いため早期にしか切除もできません。

ほくろと似ているため、手遅れになりやすい

メラノーマは、もともとはほくろと同じメラノサイトです。

そのため、ほくろに極めて似ており見わけがつきません。

そして、発見が遅れてしまい手遅れになることが多いのです。

手のひらのほくろは、数や大きさを記録しておこう

特に重要なのがほくろの観察です。

突然現れたほくろは特に要注意です。

手のひらのほくろは、定期的に数や大きさ、位置を記録しておくことをお勧めします。

これはそのまま占いにも使えますね。

実際の診断に使われる診断基準

もし、ほくろに急激な変化があった場合は、この項目をチェックしてみましょう。

手のひらのほくろは、幸運を呼ぶといわれていますが、癌がまぎれている可能性もあります。定期的にチェックしよう!
どんなほくろが危険なの?しっかり観察してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です