乳酸菌で口臭を治そう!プロデンティスで口内環境を改善。子供の口臭にも効果的!

毎日歯磨きしているのに口臭が気になる人、口内炎になりやすい人に効果的な改善方法を紹介します。 虫歯になりやすい人となりにくい人の違い あなたのまわりには、今まで虫歯になったことが無い人、口臭がしない人がいませんか? それに比べて、自分は歯磨きをこまめにしているのに虫歯があったり、口臭が気になる・・・。 この違いは何でしょうか? もしかしたら口の中の菌が原因かもしれません。 口の中に住む雑菌たち 誰の口の中には、500種類以上の雑菌がいます。その数はなんと100億個といわれています。 非常に多いですが、それが500億個に増えたり、1億個に減ったりすることはありません。 口の中に限ったことではありませんが、菌の特性としてある場所で無限に増えることはありません。多すぎると生存できないからです。 そのため、菌全体の数はいつも一定です。しかも、菌の割合(勢力)はほぼ決まっています。 口の中には悪玉菌と善玉菌がいる 口の中に住む菌の中には、虫歯や口臭の原因となる悪玉菌と悪玉菌を除菌する善玉菌がいます ・悪玉菌・・・ミュータンスレンサ菌などの腐敗菌。虫歯口臭の原因 ・善玉菌・・・乳酸菌などの発酵菌。悪玉菌を除菌する すべてが善玉菌という人はいませんが、善玉菌と悪玉菌の割合は人それぞれ違います。 生まれてから歯が生えるまでは、口の中に悪玉菌はいません。歯がないと生存できないからです。歯が生え始めると悪玉菌、善玉菌の両方が共存するようになります。 そして少しづつ善玉菌と悪玉菌の割合が決まっていきます。 ...
2015年4月16日0 DownloadsDownload