ナスを長持ちさせる保存法

焼いて良し、煮て良しのナスはカロリーも低く、いくらでも食べられます。

安く売っているとついつい買いすぎてしまいますよね。

おいしさを保ったまま長く保存する方法を紹介します。

ナスのおいしい保存法

ナスは時間がたつと表面の水分がなくなり、硬くシワシワになります。

そうなると食感も悪くなってしまいます。

保存のコツは、水分を保つことです。

常温保存の仕方

買った時の袋に入った状態。空気穴が開いているため、このままだと数日でシワシワになります。

袋から出して、カゴに入れて水分を含ませた新聞紙でくるみます。

カゴごとビニール袋に入れて口をしばります。

新聞に含ませた水がナスに適度な水分を与えてくれます。

この状態で常温保存すると保存期間は1週間くらいが目安です。

冷凍保存

ナスを買いすぎてしまったら、冷凍保存しましょう。

洗ったあとヘタをとって、乱切りにします。

ボールに水をいれて15分ほど浸します。

水をよく切って、ジップロックにいれます。

空気を抜きながら、封をして冷凍庫にいれます。

保存期間は1カ月が目安です。すでに切ってあるのでいつでも使えて便利です。

一度冷凍しておくと、繊維に隙間ができて汁を吸いやすくなるので炒め物や煮物に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です