アマゾンタイムセール中

【おすすめ】介護資格をできるだけ安くとる3つの方法を紹介。

こんにちは、ごまっちょです。

介護士の待遇向上に介護資格は欠かせません。
しかし、費用の面であきらめる人も多いです。

そんな人におすすめなのが以下の方法です。

  • ハローワークを利用する
  • 企業の無料のキャリアアップ制度を利用する
  • 民間スクールで最安値を探す

今回は、介護資格をできるだけ安くとる3つの方法を紹介します。

ハローワークでとる

ハローワークと言えば、仕事を紹介してもらうと所と思っている人が少なくありません。

もちろん仕事を紹介してくれますが、就職の支援活動もしています。

介護資格は介護士の就職に非常に役立つため、無料で講座を開講して就職を支援しています。

通称ハロートレーニングと呼ばれています。

ただし、ハローワークでとれるのは、「介護職員初任者研修」だけです。

ハローワークで無料で介護資格講座を受けられる人

誰もがハローワークで介護資格講座が受けられるわけではありません。

アルバイトを含めて、現在仕事をしていない人が対象となります。

そして、

  • 失業保険受給資格がある・・・・公共職業訓練
  • 失業保険受給資格がない・・・求職者支援訓練

といったように、失業保険の受給資格のあるなしで、受ける訓練が違います。

人気が高いので倍率が高い

自分でとろうとすると、約10万円の費用がかかります。それが、タダになるわけですから当然競争率は高くなります。

人気の地域では競争率は5倍以上になります。

そのため面談や作文などの審査を通った人だけが、無料で資格講座を受けることができます。

授業はハードで休めない

職業訓練であるため、民間スクールのようにやさしくはありません。平日はほぼ毎日7~8時間の授業を行います。基本的に休むことは許されていません。

また、受講態度が悪いと修了書が発行されず資格がとれないこともあります。

タダだからと生半可な気持ちで応募すると後悔することになります。

その分、民間スクールの短期コースと同じくらいのスピードで研修を終えることができます。

約1カ月の間、平日は毎日約8時間の授業があります。それでも、頑張れる人であればおすすめの方法です。

関連企業を利用する

介護関連の会社には、介護士の派遣を専門に行っている会社があります。

そういった企業は、派遣する人員の確保と質(キャリア)を高めるために、介護資格の取得を支援しています。(キャリアアップ応援制度)

無料で介護資格をとる機会を提供することで、会社側にも入社する介護士にもメリットがあり、win-winの関係を築くことができます。

多くの場合、受講費用の一部負担による支援ですが、今回は自前の介護スクールで無料で介護資格を取らせてくれる「かいご畑」を紹介します。

人気の求人サイトかいご畑

かいご畑は、大手派遣会社であるニッソーネットが運営する求人サービスです。

特徴をあげると

  • 専門のコーディネーターが仕事探しをサポート
  • 正社員、パート、派遣、紹介予定派遣の中から働き方が選べる
  • 無資格でもOKの求人が多数
  • 入職後は、自前の介護スクールで無料で資格がとれる
  • 受けられる講座は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士試験対策
  • 介護施設ではなくニッソーネット社の社会保障や福利厚生が受けられる

などがあります。

他の求人サイトや自分で探すよりも、かいご畑を利用する方がメリットが断然大きいです。

これから仕事を探す人、無料で資格が欲しい人は要チェックです。

民間スクールで最安値を狙う

介護資格をとる王道は、民間の介護スクールでの資格講座の受講です。

ハローワークや企業での受講と違って、自分にあわせたカリキュラムやコースを選択できるのがメリットです。

また、受講料はスクールによって大きく違いますが、その理由を知っておけば格安のスクールも案して通えます。

民間スクールを選ぶメリットは次の3つです。

事情にあわせたコース選びができる

平日の日中に集中して受講するのが短期コースです。約1カ月で資格が取れるので、とにかく早く資格をとってしまいたい人に向いています。

逆に土日だけで、受講するのが土日コースです。仕事や子育てなどで平日に時間が取れない人にむていますが、資格をとるまでに4~6カ月かかります。

開催頻度は少ないですが、夕方から夜にかけて受講するのが夜間コースです。日中に時間がとれない人に向いていますが、年に数回しか開講されません。資格をとるのに4~6カ月かかります。

民間スクールなら自分の事情にあわせたコース選びができます。

通いやすい所にあるスクールを選べる

ハローワークや企業社内研修として受ける場合は、スクールが指定されており場所も決まっているため通学も容易ではありません。

自分で探す民間スクールなら、通学しやすいスクールを選ぶことができます。

受講料と快適性からスクールを選べる

どこのスクールでも、とれる資格は同じです。でも、受講料は大きく違います。

その原因は、会場費や人件費などです。

大手の方が講師のレベルが高かったり、広い教室で受講できるなどメリットも大きいですが、授業料は高くなりがちです。

しかし、会場や通学が不便でもとにかく安い所がいいという人もいるはずです。

民間スクールなら受講料と快適性のバランスをとりながら、スクールを選ぶことができます。

見逃すと損をする。民間スクールの限定割引

スクールの受講料は、会場や講師の質にもつながっているため、極端に安いスクールは心配です。しかし、大手やサポートの良いスクールでも時期によっては大幅値引きをしています。

特に生徒が少なくなる時期は、3万円以上安くなることも・・。

割引情報を手に入れるには資料請求を!

ネットにもある程度割引情報はありますが、資料請求をするとついてくる限定割引情報はそれ以上にお得です。。

だから、めんどくさがらずに資料請求しましょう。

資料請求は、手間なく一度で済まそう

スクールによって特典や割引率が違います。気になるスクール全部から資料を送ってもらいましょう。

スクールごとに直接請求してもいいですが、無料で一括で請求する方が便利です。

年間10万人が使っているシカトルなら手間なく近所のスクールを探せます。

今回はできるだけ安く介護資格をとる方法を紹介しました。自分の事情にあった方法を選んでくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です