アマゾンタイムセール中

介護士として働くなら派遣社員がベストな理由!働き方によるメリットとデメリット

働き方はひとそれぞれですが、一般的には多くの人が「正社員」で働きたいと考えています。

終身雇用や社会保障、安定性どれをとっても魅力的です。

しかし、人間関係が複雑な介護士の世界ではちょっと違います。

就職先の人間関係や労働環境が悪くても、「正社員」だと身動きがとれません。また、正社員よりも「派遣社員」の方が時給が良かったり、サービス残業が少なくて済みます。

労働環境に関しても介護施設に直接雇用される「正社員」より、間に派遣会社が入る「派遣社員」の方が充実しています。

今回は、介護士としての4つの働き方を紹介するとともに、派遣社員として働くメリットを紹介します。

介護士の働き方とメリット・デメリット

その1:正社員として働く

介護士で正社員やパートで働くメリット

正社員として働くメリット

その職場で、長く働く意思があるのなら「正社員」として採用してもらいましょう。

正社員として働くことで、その職場での経験年数が給与や待遇のアップにつながります。

賞与(ボーナス)、有給休暇、退職金がもらえることも大きなメリットです。

長く働くことで、じっくりと人間関係をつくることができます。

正社員として働くデメリット

夜勤や早番、遅番など全ての時間帯の勤務シフトに対応する必要があります。

また、職場の人間関係がうまく行かなかった場合、簡単に職場を変えることができません。

その2.パートとして働く

パートとしてメリット

その職場で長く働く意思はあるけど、時間と所得の制約がある人は「パート勤務」が適しています。

自分の都合の良い時間に合わせて勤務をすることができるので、子育て中でも働けるのがメリットです。

正社員に比べて給与は低めになりますが、扶養者控除の所得(150万円)を超えたくない人には適した働き方ができます。

パートとして働くデメリット

正社員と違い、賞与(ボーナス)や有給休暇、退職金がもらえないことがデメリットです。

その3.派遣社員として働く

介護士派遣で働くメリット

派遣社員として働くメリット

派遣社員と聞くと悪い印象を持つ方もいるかもしれません。でも介護業界においてはそうとは限りません。

介護施設は基本的には人が足りていません。そのため、時間外労働が当たりまえです。その施設の経営状況やトップの考え方によっては、時間外労働の手当てが十分にでないことがあります。

休暇も十分にもらえず給料も安いということもありえますが、正社員で働いていると、上司に対して待遇改善の声はなかなか上げにくいものです。

その点、派遣社員は、給与は派遣会社から支払われ、過度な時間外労働がないように派遣会社が管理します。その他、労働環境が悪い場合には、派遣会社が間にはいって改善要望をしてくれます。

待遇面では、介護系の派遣は自給が高い傾向にあるため、短期的にみれば正社員よりも給料が高くなることもあります。

人間関係に困ったとしても、派遣先を変えてもらうことも可能です。こういった点では、正社員に比べてメリットが大きいと言えます。

給料やボーナス、休暇などはすべて派遣会社の制度に基づいて支給されるので、どこで働いても待遇が同じという点もメリットです。

派遣社員として働くデメリット

一般的に派遣社員というと、足切りなど悪い印象がありますが、介護業界においてはいつも人手不足であるため、派遣先に困ることはありません。しかし、正社員にくらべると不安定といえます。

最近では、少なくなりましたがローンの審査に影響することもあるかもしれません。

言ってしまえは、デメリットはこれくらいです。派遣社員にはメリットも多いため多くの介護士が派遣社員として勤務しています。

その4.紹介予定派遣として働く

介護士で紹介予定派遣で働くメリット

紹介予定派遣で働くメリット

紹介予定派遣は、基本的には派遣社員として派遣されます。
派遣社員との違いは、将来的にその職場で正社員となることを目指している点です。

一定期間派遣社員として働き、その職場の仕事内容、雰囲気、人間関係などを確認することができます。
施設側は、その人の働きぶりや人柄などを確認することができます。

一定期間働いた後、お互いが希望すればその職場で正社員として働くことができます。

お互いのミスマッチを防ぐことができる

実際に働くことで、その職場が自分にあっているか知ることができるため、正社員になってから後悔することがありません。

施設側も、その人の働きぶりを確認することができるので、本当に必要な人だけを採用することができます。

介護士の仕事を始めるなら派遣から始めよう

これから介護の仕事を始めるのであれば、まずは派遣社員として働くのがおすすめです。

確かに正社員は、賞与や有給休暇、社会保険など正社員には、魅力的なメリットがあります。しかし、働く職場がブラックだったり、人間関係が悪くても簡単に職場を変えることはできません。

まずはいろいろな職場を経験して、自分にあったところを探した方が長続きします。

派遣社員であれば、いろいろな施設で経験を積むことができます。時間に余裕のある派遣社員のうちに介護資格をとってしまいましょう。

正社員になるのはそれからでも遅くありません。

早く正社員になりたくても、まずは紹介予定派遣で一定期間働いて、その職場のことをよく知ってから、正社員として就職しましょう。

これが後悔しないポイントです。

派遣で働くなら、労働環境がしっかりした派遣会社がおすすめです。

ここまで派遣社員として働くことをおすすめしてきましたが、働くのであれば労働環境がしっかりした会社を選びましょう。

残念ながら、残業だらけで、給料も安い。資格をとる時間もないような派遣会社は存在します。

派遣社員として働くメリットを生かすのなら「優良派遣事業者」に認定されているところがオススメです。

優良派遣事業者とは

優良派遣事業者は、派遣労働の改善を目的とした国の制度です。

「優良派遣事業者認定制度」は、派遣労働者のキャリア形成支援などにおいて優良な人材派遣事業者を認定する制度です。人材派遣事業者の育成を通じて、多様な働き方のひとつである「派遣労働」の処遇改善を推進していく国の事業です。

認定されるには厳しい審査をパスして、5年ごとに再審査を受ける必要があります。

認定されるには、派遣される社員と派遣先の会社の利益になるような事業をしていく必要があります。

優良派遣事業者のニッソーネットをおすすめ

介護士専門の求人サービス「かいご畑」を運営するニッソーネット業界で初の優良派遣事業者に認定された派遣会社です。

無料で介護資格がとれるキャリアアップ制度や専任コーディネーターによる職場探しの支援だけでなく、優良派遣事業者として充実した制度が整っています。

>>>業界初でニッソーネットが認定された優良派遣事業者認定とは?

派遣社員として登録を考えているのであれば、かいご畑を利用してニッソーネットの社員として働いてみませんか?

>>>かいご畑公式サイトを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です