アマゾンタイムセール中

寝る時にでる咳を止める方法。咳が出にくい寝方を紹介。

日中はのどの奥がムズムズする程度なのに、夜に寝ようとして横になると咳が出て寝つけないことはありませんか?

そんなときに簡単に咳を止める方法を紹介します。

ごまっちょ

薬を使わないので、いつでもできる簡単な方法です。ぜひ最後まで読んでみてください。

横になると止まらない咳の対処法

風邪の引きはじめや、治りかけのときに、のどの奥がむずむずすることがあります。

なんだかむずかゆい感じがするため、ついつい咳払いをしてしまいます。

  • 咳払いをすれば、のどの奥が少しすっきりしてしばらくはおさまる・・・
  • 日中は、あまりひどくないのに夜に横になると出始める・・・

そうだとしたら、アレルギー性の咳(せき)かもしれません。

普通の咳とアレルギー性の咳

咳(せき)といってもいろいろなタイプがあります。

一般的に、風邪などでのどの奥に炎症などがあると咳がでます。それ以外にも気管支や肺に炎症があると咳がとまらず喘息のような症状になります。(咳喘息

咳喘息はアレルギーが原因の場合もあります。

そんなときは、呼吸中枢に働きかける薬や気管支を広げる薬を使うことで改善させることができます。

でも、アレルギー性の咳は、それらの薬を使ってもあまり効果がありません。

寝るときにでる咳はつらい

アレルギー性の咳は、夜になるにつれてひどくなります。

そして、寝ようとして横になると止まらなくなります。

のどのムズムズ感が増してきて、気になって寝れません。そしてついつい咳をしてしまい、それが続きます。

なかなか寝れないので、本当に辛くなります。

なぜ寝るときに咳がでる?

夜になるとひどくなる理由は自立神経にある

他の咳と違って、アレルギー性の咳が夜になるとひどくなる理由は、自立神経の働きにあります。

人間の神経には交感神経副交感神経があります。

日中は、交感神経が優位になって体をコントロールしていますが、夜になると次第に副交感神経の働きが強くなります。

そして、寝るときになると副交感神経の方が優位になり、血圧や体温を調整して眠りに落ちます。

MEMO
もともとアレルギーをもっている人は、風邪の引き始めや治りかけなど、体力と免疫力が落ちている時にアレルギー症状がでやすくなります。

アレルギーが神経のバランスを崩す

体調が悪いとき、体はアレルギー症状を抑えようと交感神経を活性化します。

夜間になり、体を休めるために副交感神経が働き始めますが、活性化しすぎた交感神経を押さえるため、副交感神経の働きも強くなります。

副交感神経は、体を休めるために気道や器官を狭くする働きがあるため咳がでやすくなります。

これが夜、そして寝る直前になるとアレルギー性の咳が止まらなくなる理由です。

アレルギー性の咳は止められる?

アレルギー性の咳をとめる方法は、いろいろ知られています。

まずは一般的な方法として・・・

体を横向き、あるいはうつ伏せで寝る

上を向いて寝ると首自体の重さで気管が圧迫されます。体位を変えることで気管が狭くなりにくくなります。
また、鼻水などがのどの方に流れていかないので、咳が出にくくなります。

鼻呼吸をする、マスクをする

口をあけて寝ているとのどが乾燥しやすくなります。乾燥によるのどあれが咳をひどくします。

鼻呼吸が理想ですが、鼻が詰まっていたり普段からイビキが強い(口呼吸)人はマスクをすると良いようです。

温かい飲み物を飲む、冷たい飲み物を飲む

これはどちらの意見もあるようです。

「冷たいのものを飲むことで副交感神経の働きを和らげる」という意見もあれば、「温かいものを飲むことで、狭くなった気道や気管支を広げる」という意見もあります。

実際試してみると、冷たいものを飲むと咳が出て、温かい飲み物を飲むとのどの血流が良くなってムズムズ感が強くなり、結局咳が出ました。

花粉症の薬が効くことも・・・

花粉症もちの人はアレルギー体質であるため、風邪などで体力が落ちるとアレルギー症状がでることがあります。

もし、アレルギーが原因のせきであれば花粉症の薬が効くことがあります。

咳が出ない寝方はある?

さて、これまで紹介した方法は利にかなった方法ではありますが、効かないことも多いです。

とにかく、寝るときだけでも咳を止めたい。そんな人にとっておきの方法を紹介します。

実はごまっちょは、季節の変わり目や旅行の後には必ず風邪を引きます。風邪の治りかけで咳が出始めて1ヶ月くらい苦しむというのを毎年繰り返しています。その中で見つけた方法です。

片方の鼻にティッシュをつめる!

ある時、いつものように咳で眠れないとき、鼻水も止まらなくて片鼻にティッシュを詰めてみたら、のどのムズムズが気にならなくなりました。

咳もほとんど出なくなり、すぐに眠ることができました。

それ以来、この方法を使っています。

必ず左の鼻に詰めてください

ティッシュをちぎって、左側の鼻につめます。ぎゅうぎゅうに詰める必要はありませんが、ある程度ふさぐ感じにしてください。

それだけです。喉の奥のむずむず感が無くなるか、ほとんど感じなくなるはずです。

片鼻呼吸法のおかげだった!

実際に効果は実感していましたが、なぜそうなるのか不思議だったのでいろいろ調べてみると「片鼻呼吸法」というのがありました。

右の鼻で呼吸をすると、交感神経系が優位になり、左の鼻で呼吸すると副交感系神経が優位になるようです。※ヨガなどでも取り入れらています。

つまり左の鼻にティッシュをつめて、右鼻呼吸を片方にすることで、交感神経が優位になり、咳が出にくくなったようです。

ごまっちょ

薬も器具もいらない方法ですので、一度お試しください

より効果を高めたいのであればアレルギーの薬を飲む+横を向いて寝る+マスクをする+鼻ティッシュがおすすめです。

2 Comments

矢野東 準

こんにちは。
矢野東と申します。お礼のコメントです。

実は、先日、腸炎で入院した際、腸炎は順調に治っていったものの、三日目あたりから咳が少しずつ出るようになり、五日目あたりから、夜寝付こうとすると咳が出始め、いっこうに寝付けなくなり困っていました。医者からの、咳止めも効かず、ネットでいろいろ調べた後、ヴィックスヴェポラブを足裏に塗る方法も試してみましたが、聞きませんでした。
悩んだ末、以前にも咳で悩まされた事があったときの事を思い出してみると、そのときの咳は、いったん寝付いた後、咳き込んで目が覚めるというパターンだったことを思い出しました。ネット上のいろんな情報も、ほぼそう言った咳対策のような気がします。
そこで、検索に「夜に寝るとき、寝ようとするとき、咳」などと入れて検索した結果、このサイトに行き着きました。
結果的に、おすすめの方法を試したところ、嘘のようにすう-と眠りに落ち、何日かぶりにちゃんと眠ることができ本当にビックリしました。その後は毎日よく眠れています。残っていた花粉症に薬も併用しています。
その後、「アレルギー性の咳」でネット検索してみたものの、引っかかるサイトはここしかなく、どうもこの方法を奨励しているのは貴殿しかいないようなのですが、この発見はオリジナルなものなのでしょうか?もしそうであれば、すばらしい発見です。同じ症状でお悩みの方にもっと広くこのやり方をつたえる方法はないものでしょうか?
とりあえず、感謝と感動の思いを伝えたく、コメントしました。
本当にありがとうございました。

矢野東 準

返信する
goma

矢野様

大変うれしいコメントありがとうございます。この方法は紛れもなくオリジナルです。本文でも触れていますが、毎年風邪の治りかけになると、就寝時に咳がとまらず苦しんでいました。どうにかしたくて、試しているうちにこの方法にたどりつきました。(⇒実は、私はけっこういびきがうるさいのですが、それに困った家内が、こっそり左の鼻にティッシュを詰めたらイビキの音量が小さくなったというエピソードがありました。鼻ティッシュのアイデアはそこが始まりです。)私も大変助かったので、多くの人に知っていただきたく記事にしました。周りでお困りの方がいらっしゃいましたらぜひおすすめしてみてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です