アマゾンタイムセール中

ダーモスコピーによるメラノーマの診断

悪性黒色腫(メラノーマ)は、刺激に弱く、転移のきっかけになってしまうことがあります。

そのため検査の第一選択は、癌の一部を切り取る病理検査ではなく、ダーモスコープによる目視検査となります。

病院でのメラノーマの診断方法

2017y01m15d_122922366
出典:日本皮膚科学会ガイドライン: 日皮会誌, 2007, 117(12), 1855-1925

メラノーマが疑われた場合、まずはダーモスコピーで調べます。

2017y01m15d_124904505
出典:Nikkei Medical 2005.9

ダーモスコピーはメラノーマを診断するための専用の拡大鏡です。

20~30倍の拡大率をもっており、明るく照らす照明も内蔵しています。検査時には皮膚に特殊なジェルを塗ります。

ジェルによって表面の光の反射が少なくなり皮膚の深いところまで観察ができます。


出典:KOMPAS 慶応義塾大学 医療・健康情報サイト

メラニン色素の分布や毛細血管の走行を確認して診断します。

2017y01m15d_130354292
皮溝部に平行に一致して線状の色素沈着(色素細胞母斑出典:Nikkei Medical 2005.9)

2017y01m15d_130404924

淡い色調だが皮丘(皮膚溝でない部分)にびまん性の褐色素沈着が見られる(メラノーマ)
出典:Nikkei Medical 2005.9

ダーモスコピーで診断がつかないとき(疑わしい)は、生検によって組織の一部を切り取って病理検査にまわします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です