カセットガスが使えるユニフレーム ツーバーナー US-1900がキャンプで大活躍!

キャンプ用ガスバーナーがほしい

キャンプでの調理と言えば、焚き火、炭火を思い浮かべますよね。

我が家でもキャンプを始めた当初は、バーベキューだけでなく、飯盒炊爨やカレーなども炭火で作っていました。

でも、火加減が難しいのと、同時にいくつも調理できないのが不便でした。

そうなると、やっぱりバーナーがほしくなります。

苦肉の策で、カセットコンロという手はありますが、ひとつしか調理できないのと、なんとなくかっこ悪いですよね。

そこで、思い切ってキャンプ用にバーナーを買うことにしました。

買うにあたっての条件

キャンプ用のバーナーはたくさんあります。そこで、自分なりに買う条件を決めました。

2口以上

シングルバーナーもコンパクトで便利そうですが、それだったらカセットコンロで十分です。

買うからには2口以上のバーナーにしようと思いました。

かっこいい!

キャンプ道具は、便利な事はもちろんですが、やっぱり見た目も大事です。

大事にしたくなるような、カッコよさがほしい・・。

トロ火ができる!

バーナーなんだから当たり前じゃんと思うかもしれませんが、高出力のバーナーだったり、安いバーナーは、出力を絞ると消えてしまうものもあります。

カレーを煮込んだり、弱火でつくる料理には、トロ火は欠かせません。

ランニングコストが安い!

この条件のせいで、かなり製品が絞られてしまいますが、燃料のランニングコストも大事です。

OD缶(アウトドア缶)と呼ばれるガスは、高出力だったり、高い標高でも安定して使うことができます。

でも、ハッキリ言って高いです。1缶800~1000円ほどかかります。これをツーバーナー分、さらに宿泊数に応じて買うとなるとかなりお金がかかります。

そうなると、やはりCB缶(カセットガスボンベ缶)タイプが魅力的です。1本100円弱で手に入るし、コンビニでも買い足すことができます。

ユニフレーム ツインバーナー US-1900

いろいろ悩んだ結果、ユニフレームのツインバーナー US-1900を買いました。

かっこいい!

オールシルバーのボディはキラキラ輝いています。

はっきり言ってかっこいい!!

トロ火ができる!

点火は、つまみをOPENに回しながら、黒いスイッチをカチッとするだけです。

強火にするとゴウゴウとかなりの火力です。

消えそうなくらい絞っても消えません。トロ火も十分に行けそうです。

CB缶(カセットガスボンベ缶)が使えるから経済的!

US-1900は、カセットガスボンベ缶専用です。

下部に取り付けるところがあります。

差し込んで引っかけるだけなので、簡単です。

メーカー推奨は、メーカーの専用缶ですが、他メーカー製でもなんの問題もありませんでした。

この画像のボンベは、6本で490円です。

CB缶は規格が統一されていますので、はまらないなんてことはありません。

注意
ただし、使用は個人の責任でお願いします。

裏側にボンベを3本収納することができます。

キャンプで大活躍してます

ご飯を炊きながら、カレーを作ったり…

ダッチオーブンを使うこともできます。

まとめ

昨シーズンのキャンプでは、大活躍してくれました。
使ってみて、今のところ不満点はありません。

もし、ツーバーナーをお探しでしたら、自信をもっておすすめします。

使ったあともGood!!

ちなみに、鍋などを支えるバーの部分は、丸ごと外せますのでお掃除もラクラクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です