SANGOカスタマイズ:記事一覧に管理者だけが見えるページビューをを表示する

コピペで簡単!記事一覧にPV(ページビュー)を表示する方法

どの記事が、どれくらい読まれているか気になりますよね。

google Analyticsやプラグインを使えば知ることはできますが、もっと手軽に調べる方法を紹介します。

カスタマイズの準備

まずは、WordPress Popular Postsをインストール&有効化してください。

注意
SANGOには同じような機能が実装されているので、WordPress Popular Postsを使っていない人も多いと思いますが、今回のカスタマイズでは必要になります。

 

次に、post-grid.phpの場所を確認します。

MEMO
マサオカさんのPORIPUを使用されている場合は、最初から子テーマファイルに含まれています。

次にpost-grid.phpをカスタマイズします。※事前にバックアップしておいてください。

子テーマにはないファイルですので、サーバー上で編集するか、post-grid.phpをダウンロードして編集した後にFTPでサーバーにアップロードします。

 

FTPソフトを使った子テーマ内のファイルの追加の方法はサルワカ公式にも紹介されていますので、そちらを参考にして子テーマにpost-grid.phpを追加してください。

サーバー上のpost-grid.phpの場所

ファイル(サイト名)→ public_html → wp-content → themes → sango-theme → parts → post-grid.php

直接編集するか、一度ダウンロードして編集して、サーバーにアップロードします。

post-grid.phpの編集

【post-grid.php】を開くとこのようになっています。

まずは上の方にある「横長タイプ」のカードのカスタマイズをします。

赤い四角の部分に下のコードを追加します。<?php newmark();//newマーク ?>の直前です。

 

続いて下の方にある「縦長(四角の)カードタイプ」のカードのカスタマイズをします。

赤い四角の部分に下のコードを追加します。
<if(!is_archive()) output_catogry_link();//カテゴリーを出力>の直前です。

 

トップページの記事一覧に総計PV、1ヵ月のPV、1日のPVが表示されました。

このPVは管理者としてログインしているときだけ表示されます。 閲覧者は見ることはありません。

日々のPVチェックが簡単にできるようになりますので、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です