【WordPress】BackWPupとDropBoxでWordPressを自動バックアップしよう

BackWPupとDropBoxを使った自動バックアップ

WordPressで作り上げたブログサイトを定期的に自動バックアップしてくれるプラグインBackWPupのインストールから設定までを紹介します。

DropBoxに保存することでもしもの時の備えになります。ブロガーの財産というべきブログを守るためぜひ設定しておきましょう。

スポンサーリンク

BackWPupのインストール

まずはBackWPupをインストールします。名前の似ているプラグインもあるので間違えないようにしてください。

ダッシュボードのプラグイン→新規追加
2014y11m28d_163232511

「BackWPup」を検索します。
2014y11m28d_163531781

いますぐインストールをします。
2014y11m28d_164400401

有効化します。
2014y11m28d_164435297

これが出たらインストール完了です。
2014y11m28d_164500355

DropBoxのアカウント作成

今回はBackWPupとDropBoxを組み合わせて使用しますので、DropBoxを設定します。※すでにDropBoxのアカウントをお持ちの方は不要ですが、できれば荒新たにBackUP専用にアカウント作成することをおすすめします。

DropBoxのサイトにアクセスします。

「登録する」を選びます。
2014y11m30d_133502933

姓名とメールアドレス、パスワードを設定します。
2014y11m30d_133657982

DropBoxベーシックの無料のプランを選んで「続行」します。
2014y11m28d_164821480

2014y11m28d_165736652

DropBoxをダウンロードします。結構容量は大きいです。
2014y11m28d_164847716

インストールします。
2014y11m28d_165018859

いくつかのステップをクリアすれば無料の容量を増やすことができます。
2014y11m28d_165736652

BackWPupの設定とDropBoxとの連携

新規ジョブの追加をします
2014y11m28d_165813485

一般タブ

一般タブを選びます。
2014y11m28d_165834345

ジョブの名前を決めます。次にバックアップする内容を決めます。
ブログ(サイト)をリカバリーするには、データベースとファイルが必要です。インストール済みプラグインリストは必要な時にチェックしてください。

2014y11m28d_165858735

バックアップファイルのアーカイブ名は自動で入ります。アーカイブ形式はZIP形式のよりTar GZIP形式の方がファイルが小さくなるのでおすすめです。

2014y11m28d_165922429

バックアップ先はいろいろ選べますが今回は「DropBoxにバックアップ」を選びます。

2014y11m28d_165944404

ログファイルをメールで送信させることができます。毎回送られると邪魔という人は「ジョブの実行中にエラーが発生した場合のみ送信」を選びましょう。

2014y11m28d_170052395-2

スケジュールタブ

2014y11m30d_152112285

スケジュールの開始方法は「Wordpressのcron」を選びます。

2014y11m28d_170117666

バックアップをする間隔や時間帯を決めます。夜に更新作業をすることが多い人は夜中のバックアップがおすすめです。

2014y11m28d_170131133

DBバックアップタブ

2014y11m30d_152118854

ここは特にデフォルトのままでも大丈夫です。
※容量を減らしたい場合は項目を減らすことも可能です。

2014y11m28d_170200966

ファイルタブ

基本的にデフォルトのままで大丈夫です。

2014y11m28d_170221220

2014y11m28d_170229463

2014y11m28d_170244367

2014y11m28d_170252768

プラグインタブ

デフォルトのままで大丈夫です。

2014y11m28d_170303562

宛先:DropBox

DropBoxと連携の設定をします。最初は「認証されていません」と表示されています。

2014y11m28d_170317040

※先に連携したいDropBoxアカウントにログインしておきます。

「DropBoxのアプリ認証コードを取得」を選びます。※DropBoxフル認証コード取得でも可能ですがセキュリティ的にはアプリ認証の方がおすすめです。
2014y11m28d_170414712

アプリへのアクセスを認証します。
2014y11m28d_170504152

コードが表示されるのでコピーしておきます。
2014y11m28d_170436038

BackWPupに戻りコードを入力(ペースト)します。
2014y11m28d_170905565

変更を保存します。
2014y11m28d_170914547

保存が終わると認証が完了します。
2014y11m28d_170930355

コピー先フォルダ名(DropBoxでの保存名)は自動で設定されますが、変更も可能です。
保存ファイル数は、保存されるファイルの数です。適宜変更してください。デフォルトのままでも問題ありません。
最後に「変更を保存」します。

2014y11m30d_160127465

これで設定は完了です。

バックアップと転送のテスト

設定が終わったら、バックアップを実行してみます。「今すぐ実行」します。

2014y11m30d_161056620

バックアップが始まります。

2014y11m30d_160744087

成功するとジョブ完了となります。
2014y11m30d_160829872

Dropboxにアクセスして保存されているか確認します。ファイルがあれば成功です。
2014y11m30d_161431835

マニュアルバックアップ

必要な時はいつでもバックアップすることができます。サイトをカスタマイズする直前や直後にバックアップしておくと安心です。

ダッシュボードでジョブを選びます。
2014y11m30d_160851723

「今すぐ実行をするとバックアップ」が開始されます。

2014y11m30d_160913770

まとめ

その時は突然やってきます。もしもに備えて設定しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク