【Stinger5】自動投稿で記事拡散に効果絶大!jetpackを使ったSNS連携

Stinger5で主要SNSであるFacebook,Twitter,Google+に連携する方法を紹介します。
記事投稿と同時に自動で配信されます。
SNSとの連携はアクセスアップや記事拡散に大きな効果がありますのでぜひ設定しましょう。

Jetpackを利用したSNS連携

14301832524_4a099735cc_zphoto by Ben_Senior

Stinger5は標準ではOGPを出力しない仕様になっています。OGPを出力させてSNSと連携のさせる方法はいくつかありますが、一番簡単なJetpackを利用した方法を紹介します。

スポンサーリンク

Jetpackの準備

jetpackは公式プラグインなので、プラグイン → 新規追加でインストールします。
2014y11m25d_184545214

「Jetpack by WordPress.com」と入力して検索します。
2014y11m25d_184255146

「いますぐインストール」します。
2014y11m25d_184345873

ダッシュボードからjetpackを開きます。
2014y11m25d_182943319

Jetpackはwordpress.comと連携しなくても一部の機能は使えますが今回は連携が必要なのでwordpress.comに登録します。「アカウントを連携して使用開始」を選びます。

2014y11m25d_185508346

「アカウントが必要ですか?」をクリックします。
2014y11m25d_183041549

情報を入力して登録します。
2014y11m25d_183106886

登録した内容でJetpackと連携します。
2014y11m25d_183118442

Jetpackが有効化されました。
2014y11m25d_183157936

Jetpackにはさまざまな機能がありますが、今回はとりあえず「共有」と「パブリサイズ共有」の2つを有効化します。
2014y11m25d_180125864

2014y11m25d_180055920

パブリサイズ共有の設定を開きます。Facebookと連携してみます。先にFacebookにログインしておいてください。
2014y11m26d_183622571

OKををします。
2014y11m24d_230612738

Facebookページの他にコミュニティがあれば一緒に表示されますので選択してください。

2014y11m24d_230635995

連携できました。

同じようにTwitterを連携します。

2014y11m26d_190110539

google+も連携します。

2014y11m26d_190226625

これで、主要なSNSであるFacebook,Twitter,google+との連携ができました。

OGPも出力されています。

111

投稿画面をみるとパブリサイズ共有の欄が追加されています。
2014y11m26d_191259097

編集を選ぶと記事ごとに連携するものを選べます。普通はカスタムメッセージにタイトルとURLが自動で入ります。念のため確認してください。
2014y11m26d_191319015

投稿と同時に連携先に配信されます。

注意

この方法の唯一のネックは、最初の投稿でしか連携配信されないという点です。投稿して連携配信されると、設定を開いても選択できません。
2014y11m27d_181104299

記事が完成するまでは、テス投稿などはしないで、下書き保存やプレビューを使いながら完成させてください。
タイトルも含めすべてが完成したら、カスタムメッセージにタイトルが入っている(追記も可能です)ことを確認してから、投稿してください。

配信は初投稿の一回だけです。再び配信する方法はありません(知ってる方がいましたら教えてください(^_^))

まとめ

いかがでしたでしょうか?ほとんど手間をかけることなくSNSとの連携が可能です。うまく拡散されればアクセスアップに絶大な効果がありますのでぜひお試しください(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク