PSWの記事(CSV形式)をまとめてココログ・はてなブログ・さくらのブログにインポートする方法

シェアする

今週の人気記事
今週の人気記事
今週の人気記事ベスト5

PSWで作った記事そのままだと、ココログ、はてなブログ、さくらのブログには取り込めません。少し手間はかかりますが、一度に大量の記事をインポートする手順を紹介します。

PSWの記事を一度にインポート

PSWはあっという間にたくさんの記事を生成できるため、サテライトブログ作りには欠かせません。

しかし、CSV形式でしか出力できないためそのままではブログにインポートできません。

そこで、サテライトによく使われるWordPress、ココログ、はてなブログ、さくらのブログにインポートする方法を紹介します。

ブログサービスとインポート方法

スポンサーリンク

1.PSWの記事をWordPressにインポートする

WordPressは形式さえあわせれば、CSV形式を取り込むことでできます。プラグインを利用した方法はこちらをご覧ください。

PSWの記事(CVS形式)をWordPressにまとめてインポートする方法
PSW(パーフェクトサテライトライター)で作った記事をあっという間にWordPressにインポートする方法を紹介し...

今回紹介するやり方は。この方法がベースとなりますので、ご一読ください。

2.PSWの記事をココログにインポートする

@niftyのブログサービスである「ココログ」は、SEO効果も高くサテライトにも最適です。

ココログ、TypePad、Movable Type、WordPressで作ったブログをインポートできます。

ということで、「1.PSWの記事をWordPressにインポートする」でWordPressに取り込んだあと、WordPressの標準機能でエクスポートしたファイルを読み込みます。

3.PSWの記事をはてなブログにインポートする

はてなブログは無料版では3つ、有料版なら10個のブログがもてます。

PSW作成の記事だと「はてぶ」はつきにくいかもしれませんが、ドメインのSEOの強さは折り紙つきです。

方法としては、2で紹介したココログへインポートする方法とおなじですが、注意点があります。

Wordpess 形式を選んで、右のほうにある文字コードの選択に進むを選びます。(クリックで画像が大きくなります)

UTF-8を選べばインポート終了です。(クリックで画像が大きくなります)

このようなエラーが出るときがあります。

WordPressでエクスポートでして、読み込むファイルを作りますが、「PubSubHubbub」というプラグインを使っていないか確認してください。もし使っていれればそのプラグインを停止した状態でエクスポートしてください。

そのエクスポートファイルであればエラーなしで読み込めるはずです。

4.PSWの記事をさくらのブログにインポートする

さくらのブログは、さくらサーバーを利用していれば50個ものブログが作れます。老舗のサクラのドメインでSEO効果も高く広告もでません。

ライトプランなら129円/月でも利用できますので、ブログのためにかりるのもありかもしれません。

さくらのブログは、MT形式(Movable Type形式)しか読み込めません。

そこで、3.PSWの記事をはてなブログにインポートするを参考にして、はてなブログにインポート → MT(Movable Type)でエクスポートします。

エクスポートしたファイルをさくらのブログにインポートすれば終了です。

手順が多いですが、大量の記事をインポートするには便利だと思います。

MT形式のインポートに対応しているブログ(無料ブログ)はたくさんありますので、この方法はいろいろ応用が可能です。

いかがでしたでしょうか?今回紹介して方法なら、ほとんどのブログにPSWの記事をインポート可能です。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする