PSWの記事(CVS形式)をWordPressにまとめてインポートする方法

ごまっちょ

PSW(パーフェクトサテライトライター)で作った記事をあっという間にWordPressにインポートする方法を紹介します。簡単にサテライトサイトがつくれて便利ですよ。
参考 この記事はTNP様のサイトを参考にアレンジしたものです。

必要なソフトを準備する

  • PSW
  • WP Ultimate CSV Importer
  • TeraPad
  • Excel

WP Ultimate CSV Importerのインストール

WP Ultimate CSV Importerは公式プラグインですので、ダッシュボード→プラグイン→新規追加からインストールできます。

キーワードに「WP Ultimate CSV Importer」と入れます。

「CSV Impoter&Exporter」という名前ででてきます。

「今すぐインストール」してください。

後は有効化しておきます。

TeraPadのインストール

窓の杜からダウンロードできます → TeraPad

Excel

Excelは古いバージョンでも大丈夫です。

下のファイルをダウンロードしてください。

手順はこんな感じです。

①PSWで記事を作成してCSVで出力

②タイトル、記事をEXCELシートに貼り付けて、投稿日時、カテゴリ、tagを一括入力

③Tera-Padで文字コードを変更して保存

④WP Ultimate CSV Importerを使って、まとめて記事をインポート

PSWで記事を作成してCSVで出力する

「CSVファイルで作成」します。

今回は20記事を作ってみます。

「記事タイトルを作成」、「記事タイトルをランダムに作成」にチェックをいれます。※自分で作成する場合はチェックをはずしてください。

CSVファイル形式は「まとめて出力」にチェックをいれます。

出力フォルダを決めて「文書作成」をします。ここまでは普通の作成方法と同じです。

タイトル、記事をEXCELシートに貼り付けて、投稿日時、カテゴリ、tagを一括入力

先ほどダウンロードしたExcelシート(PSW data Sheet)を開きます。

PSWで作ったCSVファイルを開きます。

Aのセルにタイトル、Bのセルに記事本文があります。

Aセルのタイトルをまとめて選択して、PSW data SheetのPost Title(Dセル)に貼り付けます。

Bセルの記事本文も同じようにPSW data SheetのPost Contents(Eセル)に貼り付けます。

Post categoryとPost Tagを入力します。ここはすべて同じでも、バラバラでもOKです。

次に投稿日を決めます。すべて同じ日に投稿するのであれば、希望の日付を入力してください。

大量の記事が同じ日に投稿されると、ペナルティをもらうかも・・?と心配な方はランダムにしましょう。

PSW data sheetは関数を使っていますので、簡単にランダマイズできます。

シートの日付が入っているセルを選びます。

すると上に関数の中身がでてきます。その中に2017/01/01″,”2017/06/01という部分があります。

ここを希望する期間に変えます。例えば、2017/03/01”、”2017/04/01とすると、その期間内でランダムな日時が作られます。

決めたら、そのセルを下にコピーしていきます。

セルの右下にカーソルを合わせると「+」が出てくるので下にドラッグすると

指定した期間の中でランダムな日付と時間が作成されました。

そのまま保存します。(CSV形式)

Tera-Padで文字コードを変更して保存する

WP Ultimate CSV Importerで取り込むためには文字コードをUTF-8にする必要があります。

まずは、先ほどExcelで開いていたファイルを閉じましょう。(開いたままだと、Tera-Padで参照専用でしか開けません。)

Tera-Padを開いて、先ほど保存したファイルを開きます。

ファイルが見つからないときは、すべてのファイルにすると見つかります。

ファイルを開いたらそのまま保存します。

ファイル文字改/行コード指定保存を選びます。

文字コード → UTF-8  
改行コード → CR+LF

名前をつけて保存を選びます。(うまく保存できなかった時のために)

これでファイルの準備は終わりです。

次はWordPressにインポートします。

WP Ultimate CSV Importerを使ってまとめてインポートする

さて、ファイルもできたのでWordPressにインポートします。

WP Ultimate CSV ImporteのDashboardをのタブを選んで、Upload from Desktopを選びます。

Uploadボタン(赤丸)を押して、ファイルを選びます。

右下Contineuボタンを押します。

 

Import/Updateを選びます。

そのままContinueします。

次の画面はCSVファイルのどの項目を取り込むかという設定です。

3つのうちTitleContentは自動で入ります(念のため確認してください)。

Publish Dateの部分は、Post|dateを選んでください。

右下のContineをします。

Media HandingはそのままContinueします。

Import  configuration sectionも変更しないで右下のSCHEDULE RIGHT NOWします。

Importが始まります。

終了したら、投稿一覧を見てみましょう。

気になるウィンドウがでますが、そのままサイトを離れて大丈夫です。

投稿日前なら表示で参照します。

タイトル、記事、カテゴリ(買取)、タグ(car)がしっかり入っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この方法なら、何百というファイルがあっという間に取り込めます。
時間をかけずにサテライトを作るためにも、ぜひお試しください。

ごまっちょ

お役に立ちましたら、ぜひシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です