ノロウィルスにも効果があり!新タイプのアルコール消毒剤で感染性胃腸炎を予防しよう

SHARE

ノロウィルスにも効果があり!新タイプのアルコール消毒剤で感染性胃腸炎を予防しよう

f6c6b8050d2d8dfba5b47994eed493c0_m

ノロウィルスには効かないと言われていたアルコール消毒ですが、新タイプはノロウィルスにも効果的です。その理由を紹介します。

感染症に強い味方!新しいアルコール消毒剤

毎年必ず、インフルエンザ感染性胃腸炎が流行する時期がやってきます。

予防には「手洗い」と「うがい」が定番です。

うがいには賛否両論がありますが、手洗いは確実に効果があることがわかっています。

でも、家庭では「石鹸+手洗い」ができますが外出先ではなかなかそうは行きません。

そこで、よく利用されるのが「消毒用アルコール」です。最近では、お店や交公共施設の入り口などに設置されることも多くなりました。

でもこの消毒用アルコール、ちょっと前までは、特定のウィルスに対する効果が疑問視されていました。

今回は、アルコール消毒に関する話題です。

アルコールによる除菌のメカニズム

市販されている消毒用アルコールの主成分は70%程度の濃度をもつエタノールです。

細菌や一部のウィルスには、エンベロープ(Envelope)という膜があります。

エンベロープは、細菌やウィルスの殻に当たる部分で、自分の形を保ったり、生物の体の中に侵入するために大きな役割を持っています。


出典:SARAYAホームページ

エタノールは、エンベロープを溶かし細胞の主成分であるタンパク質を変性させて菌(ウィルス)の機能を壊します。

また、エタノールは蒸発しやすいため、一緒に菌(ウィルス)の水分を奪うことでダメージを与えます。

この作用によってエタノール(除菌用アルコール)は、除菌(殺菌)を行うことができます。

エタノールの濃度が70%の理由

市販されている手指の消毒を目的としたアルコールのエタノール濃度は、大体70%~75%です。なぜ95%や100%ではないのでしょうか?

これには大きく2つの理由があります。

1.効果的に作用するため

1つ目は、エタノールを構成する分子の化学構造にあります。

エタノールはC2H5OHという化学構造を持っています。このうちC2H5の部分は、OH水分子と相性が悪く、お互いはじきあいます。

エタノールとOHは分子量が違うため、濃度が70%(7対3)モのときにモル濃度が1対1となります。

このとき、エタノールの分子は界面(細菌やウィルスと接する部分)に並ぶため、細菌(ウィルス)にダメージを与えやすいといわれています。

2.作用時間を適度にするため

もうひとつは、揮発性の問題です。

エタノールは揮発性の高い(蒸発しやすい)性質をもっていますが、濃度が高すぎると蒸発が早く、細菌(ウィルス)のタンパク質に十分なダメージを与えられません。

また、細菌やウィルスが入り込みやすい指や手のしわの間までエタノールが入り込む前に蒸発してしまっては意味がありません。

菌やウィルスに作用するために適度な時間が必要です。

いろいろな実験の結果、現在は70~85%(空気中や肌の水分などを考慮して少し高めの濃度のものもあります)くらいの製品がほとんどです。

ノロウィルスにアルコール除菌が効かないと言われていた理由

このように細菌やウィルスを効果的に殺菌できるアルコールですが、一部のウィルスには効かないといわれてきました。

代表的なものは、ノロウィルスです。

非常に感染力が強いことで有名で、ウィルスがたった10個体内に入っただけでも発症するといわれています。

一度感染すると、激しい腹痛と嘔吐、発熱が起こります。小さな子供や高齢者がかかることも多く、重症化すると死にいたる怖い感染症です。

予防には他の感染症と同じように、手指の消毒がもっとも重要です。しかし、ノロウィルスはアルコール消毒に強いといわれており、予防には石鹸を使った手洗いが推奨されてきました。

その理由は、ノロウィルスの特徴にありました。

ノロウィルスにアルコールが効かないわけ

エタノールは、細菌やウィルスの殻であるエンベロープを溶かして破壊すると紹介しましたが、ノロウィルスはエンベロープを持っていません


出典:SARAYAホームページ

エンベロープを持たないノンエンベロープウィルスは、エタノールに触れてもダメージをうけないため、アルコール消毒に対して抵抗性をもっています。

そのため、従来よりノロウィルス、ロタウィルスなどの消毒には次亜塩素酸ナトリウムやハイターなどの塩素系の除菌剤が推奨されています。

でも、次亜塩素酸ナトリウムやハイターなどの塩素系の除菌剤は効果が高いですが酸性のため、金属や衣類などを腐食させたりと問題があります。

当然、皮膚に直接つけることはできませんので、手指の消毒には向きません。

このような事情から、ノロウィルスなどの感染性胃腸炎の場合は、石鹸による手洗いが推奨されてきました。

新たな工夫をしたアルコールによる除菌

しかし、最近の研究の結果、エタノールがノロウィルスにもある程度有効ということがわかってきました。

今までで有効だとわからなかった理由

細菌やウィルスがアルコールによって除菌(殺菌)できるからどうかを調べる場合、培養という作業が必要となります。


出典:食品中の菌の培養(新薬科大学 産官学連携推進センターHP)

除菌(殺菌)していない菌と、除菌(殺菌)した菌を取り出して、シャーレにのせて培養(増やしていく)いきます。

数時間~数日経つと菌は分裂しながら増えていきます。ある程度増えていくとコロニー(塊)などが形成され数などがわかります。

除菌した場合としていない場合で数を比べることで、アルコールによって除菌されたかどうかを調べることができるわけです。

しかし、ノロウィルスは通常の方法で培養できません。唯一培養できるのはヒトの小腸上皮細胞だけです。そのため実験的に培養する方法はまだ見つかっていません

だから調べることができないのです。

ノロウィルスが培養できないため、似た構造をもつネコカリシウイルスで実験が行われた結果アルコールが効かなかったため、ノロウィルスにもアルコールが効かないという結論となったわけです。

しかし、その後マウスのノロウイルスの方がヒトのノロウィルスに似ていることがわかり、再評価された結果、エタノールもある程度効果があることがわかりました。

酸性にすることでより効果的に

もともと除菌用のアルコールは、中性に作られていました。しかし研究の結果、酸性にした方が除菌効果が高いことがわかりました。

そのため、現在はリン酸などを加えて酸性にした製品が発売されています。

効果的な手指のアルコール消毒の仕方

飲食店や公共施設のトイレにも消毒用アルコールが整備されていることも多くなりました。

そこでよく見かけるのが「石鹸を使った手洗いの後にアルコール消毒をしてください」との説明書きです。

ここで気をつけなければならないのが、手の水分です。手洗いのあと手が濡れた状態でアルコールを使うと、手の水分でエタノールの濃度が下がります。

濃度が下がると、細菌(ウィルス)のタンパク質にダメージを与える力が激減するだけでなく、蒸発がしにくくなるため水分も奪えません。

効果的な手洗い方法は

効果的な使い方は、「石鹸で手洗い」の後、ハンドペーパーやハンドドライヤーでしっかり水分を取った後に「アルコールで除菌」です。

アルコール消毒の後に手洗いをすると除菌効果が大きく下がります。
せっかく水分を奪ったのに手洗いで戻ってしまうからです。

アルコールを手につけたら、しっかりすりこみます。ノロウィルスは粒子が小さいため、手のしわにも入り込みやすいので念入りにやりましょう。

その後しっかりこすり合わせて摩擦熱を利用して、完全に蒸発させます。

まとめ

いつでも手軽に除菌ができるアルコール除菌。これから買うなら、ウィルスにより効果的な新製品を選びましょう。

「広い範囲のウィルスにも効く!」や、「酸性」といったキーワードがある製品が目印です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です