記事やカテゴリーごとにサイドバーの広告を変えられるContent Aware Sidebarsの使い方

記事ごとにサイドバーを変えるカスタマイズ

ブログを運営していて、記事ごとにサイドバーを変えたいときありますよね?

例えば、化粧品のジャンルの記事のときのサイドバーは化粧品の広告、車の買取の記事のときは、車の買取の広告といったように記事やカテゴリーごとにサイドバーのコンテンツを変えられれば非常に便利です。

広告でなくてもかまいません。いろいろなカテゴリで記事を書いているブログであれば、そのジャンルに関連するものだけをサイドバーに表示できれば統一感が生まれます。

そんなときに便利なWordPress公式プラグイン「Content Aware Sidebars」を紹介します。

スポンサーリンク

Content Aware Sidebarsをインストール

ダッシュボード  → プラグイン → 新規追加

plugiin

プラグインの検索 → Content Aware Sidebars プラグインのインストールと有効化を行う

ダッシュボードの左側の項目に「サイドバー」が加わる。

2016y07m02d_141246585

Content Aware Sidebarsの設定

ダッシュボードのサイドバーをクリックすると設定画面になります。

2016y07m02d_142048166

新規追加をします。

1のコピー

適当に名前をつけます。 何のサイドバーかわかるようにしておくと便利です。

3

Select content Typeはどのタイミングでそのサイドバーを出すかを設定するものです。

固定ページ:固定ページごとに変えたいとき
投稿ページ:投稿ページごとに変えたいとき
投稿者:投稿者別に変えたいとき
カテゴリー:カテゴリー別で変えたいとき
タグ:そのページのタグごとに変えたいとき

などなどです。 それぞれの項目を選ぶと、それに関する項目がプルダウンで選べるようになります。 例えば、「投稿」を選ぶと、記事のリストが表示されます。

2016y07m02d_144342348

カテゴリーを選ぶと

2016y07m02d_144358132

カテゴリーを選ぶことができます。 また、複数を組み合わせて、両方に該当するときだけ表示することもできます。

2016y07m02d_144413787

これで「いつそのサイドバーを出すか」を設定できました。

サイドバーの設定

次にサイドバーの設定を行います。 画面の右下にオプションの設定項目があります。

2016y07m02d_145816305

「表示」の項目設定

単一、アーカイブ、単一&アーカイブの中から選びます。 単一記事とアーカイブ記事どちらでも表示したいのであれば「単一&アーカイブ」でいいと思います。

2016y07m02d_145821534

「処理」の項目設定

もともとあるサイドバーの処理

2016y07m02d_145825830  

結合: もともとあるサイドバーに続けて表示する
置換:もともと設定されているサイドバーの変わりに表示
基本的にはこの二つのどちらかでいいと思います。 その下の項目でウィジェットの種類を選びます。
123
ここで、ウィジェットを選択します。テーマに設定されているものが表示されます。
2016y07m02d_145837611

  2016y07m02d_152949760

更新します。

サイドバーウィジェットの設定

ダッシュボード → 概観 → ウィジェットを選びます。 右下に先ほど保存したサイドバーが現れます

2016y07m02d_142647369

下矢印を選びます。

567

タブを開いたら、そこにテキストタブをいれます。

789

そこに、広告のコードやコンテンツを追加します。

まとめ

このプラグインの最大の特徴は、記事ごと又はカテゴリごとに表示するサイドバーを変えられる点です。

いろんなジャンルの記事やコンテンツがあったりしても、広告などをそれにあわせて表示できます。 広告の最適化によって収益増加も狙えます。

また、表示している記事と同じカテゴリーの記事だけを並べることも可能です。 使い方しだいで、収益やPVのアップが期待できます。 ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク