臭いが気になったら早めに対処しよう!子供の口臭の原因と対策。

歯磨き

みなさんはお子さんの「ニオイ」が気になったこと、ありますか。

私は実際に自分が子供を持つまで「赤ちゃんはミルクのにおい」「子供は太陽のにおい」なんていうイメージを勝手に持っていました。

ですが子供が生まれてみると新生児の時には首の埋もれたお肉の間の何とも言えないツーンとしたニオイにフラフラしていましたし、外遊びをするようになると頭皮のニオイや足のニオイに「うっ」となっていました。

そして歯が生え変わる5歳くらいから悩んでいることが「わが子の口臭」です。

特に女の子なのでちょっとしたことがいじめのきっかけとなってしまうのではないかと心配になります。そこで同じような悩みを持っている方のために、私なりに調べたことをまとめてみました。

子供によくある口臭の原因ベスト3&対処方法

口臭の原因は一つではありません。原因によって対処方法も変わってくるので注意して見てあげてください。

スポンサーリンク

 口呼吸によって口内でバイ菌が繁殖!

周りにいる子供たち、そしてわが子を見てみてください。口が「ぽかん」と開いていませんか。

やわらかい食べ物が増え噛むことが少なくなったことなどから、現代っ子の口周りの筋肉は一昔の子供と比べると弱く、口を閉じていることが難しいため口が開いてしまうようです。

口呼吸となると口内が乾燥してしまい、バイ菌の繁殖を防いだり汚れを洗い流してくれる唾液の分泌が減ってしまいます。そして繁殖したバイキンこそ口臭の元となるのです。

口呼吸を治すには?

口呼吸を治す対策として普段の食事に小魚や昆布、根菜などを入れ、よく噛んで食べる内容の食事にすることが重要です。

また口周りの筋肉を鍛えるトレーニングも効果的。口を大きく開けて「あいうえお~」を一文字ずつはっきり言う、ペットボトルに水を入れ(最初は少量からスタート)ふたの部分をかまずに唇だけで持ち上げるなどといった方法があります。

ただ口呼吸が虫歯の原因の一つとなることから、子供用にこういったトレーニングを行っている歯科医院も増えているので、気になる方は行きつけの歯科医院で相談してみてください。

歯磨きがきちんとできていない!

小学生に多い口臭の原因は「歯磨きが足りず、汚れ(歯垢)が落ちていない」ことだそうです。乳歯の内は歯と歯の隙間が大きく、食べ物が挟まるということもめったにありませんよね。

しかもたいてい保護者の方が仕上げ磨きをしてあげているはず。それが小学生になると徐々に子供は仕上げ磨きを嫌がるようになりますし、保護者の方も「小学生になったんだから一人で磨きなさい」なんて言いがちですよね。

歯の生え変わる時期は食べ物が詰まりやすいですし、大人の歯になると乳歯の時よりも歯磨きがずっと複雑になります。実は少し大きくなった子供たちにとっても仕上げ磨きは大切なんですよ。

歯をきちんと磨くには?

子供には手鏡を持たせ、歯ブラシが歯にあたっているかどうか確認させながら磨くようにしましょう。

また1日1回は保護者の方が仕上げ磨きをしてあげてください。糸ようじなどを使って歯と歯の間にも磨き残しがないように。歯の汚れが赤く染まり、どこが磨けていないか一目でわかる薬剤がドラッグストアなどで販売されているので、そういったものを活用してみるのもいいかもしれません。

歯茎が腫れている、歯磨きをすると血が出るといった症状がある場合は、歯肉炎になりかけている可能性があるので早めに歯科医院を受診してくださいね。

病気によって起こる口臭

病気が原因となっている口臭には大きく分けて2種類あります。胃の調子が良くないなど胃腸から起こる場合と、鼻づまりなど鼻の病気から起こる場合です。

サラサラの鼻水ではなく、どろっとした黄色や緑色の鼻水になると要注意。加えて鼻づまりの時には口で呼吸をするようになることから口呼吸の要素も重なり、さらにひどい口臭になるのでひどくなる前に対応することをお勧めします。

病気かもしれないと思ったら?

鼻づまりなどがある場合には耳鼻科へ、鼻づまりがなく歯磨き不足や口呼吸が原因ではない場合は胃腸に原因があるかもしれないので小児科にかかるといいでしょう。

「たかが鼻づまり」と思われるかもしれませんが、目や脳にまで炎症が広がって視力が落ちる、意識障害といった症状が出たり、中耳炎になることもあるので気を付けてください。

また鼻を自分でかめない小さなお子さんは早い段階で口呼吸となってしまうので、こまめに鼻水を吸ってあげてください(鼻に口を付けなくても鼻水を吸うことができるキットも販売されています)。

子供の口臭対策のまとめ

ニオイのきつい食べ物を食べる、緊張のため口が渇く、など口臭の原因は他にもたくさんあります。今すぐ口臭を解消したいという場合には、「水分をしっかりとる」ということも効果的ですよ。

また、最近話題の乳酸菌も注目です。大人だけでなく子供の口の中の最近環境も整えましょう。

乳酸菌を育てて、口臭とおさらば!プロデンティスとプロポリンスを試そう!

子供の口臭が気になったら原因を探ったり対策を練ることも大事ですが、言葉が分かる年齢になると親のちょっとした言葉に傷つきやすくなるので、口臭のことを指摘する時には言葉選びを慎重に。

トレーニングや歯磨きなど、できることは親子で一緒にすることで楽しく口臭予防ができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク