子供のトイレトレーニングに!子供用足台と男の子専用トイレを設置してみよう!

自分で、トイレに行ってくれるようになったら楽チンなのになー。   そう思っているママも多いのではないでしょうか?

ながーいオムツ期間が終わって、トイレでおしっこができるようになっても、「自分でトイレにいっておしっこをする」という次のステップにはなかなか進めないものです。  

子供が自分一人でおしっこができない理由のひとつに、大人用のトイレであるということがあります。

例えば、便器は大人用に作れられているため、便座に上がるのも一苦労です。また、おしっこの間隔が短く、一日に何度もトイレに行く子供にとってイチイチ座っておしっこをするのは面倒ですよね。  

スポンサーリンク

子供でも簡単に便座に上がれるトイレにしよう!

子供にとって便座は高く、座ったとしても足が届かず不安定です。 バランスを崩すと便器の中にお尻ごと落ちるなんてこともありえます。

トイレに自分で座ることを嫌がる原因にもなりかねません。 まずはこの問題を解決することが「一人トイレ」への第一歩です!

Squatty Pottyで安心トイレ

Squatty Pottyは世界60カ国で使われているトイレ用の足台です。

2016y04m09d_104503687

便座の前に置くことで、子供でも足が届くようになります。しっかり安定すれば、安心してトイレができます。もちろん、便座にもあがりやすくなります。

便座

設置するとこんな感じです。

大人もうれしい!Squatty Pottyで便秘解消

Squatty Pottyには、もうひとつの用途があります。 それは便秘の解消です。もちろん子供でも大人でも効果があります。

食事の西洋化で便秘に悩む人は多いですが、トレイにも大きく関係しています。

現在主流の西洋式トイレは腰掛るため、便の通り道である直腸と肛門に角度がついてしまい通りにくい形になってしまいます(図の左側)。

それに対し、和式トイレのようにしゃがんだ場合は、直腸と肛門がストレートになり、便が通りやすくなります(図の右側)。

toilet

Squatty Pottyは、和式便器のような理想的なスタイルでトイレができるように設計されています。

otona

和式トレイのようにきつい姿勢にならなくても、排便に理想的な姿勢をとることができます。 子供のトイレトレーニングと大人の便秘の悩みを解消してくれる理想的なアイテムです。

男の子のトイレトレーニングに

幼稚園や小学校の男子トイレには、おしっこ用の便器があります。

立って手軽におしっこができるのは男子の特権(?)です。 しかし、最近は座っておしっこをさせている家庭が増えているようです。

確かにおしっこがはみ出たり飛び散ると、トイレの壁や床が黄色くなったり不衛生ですよね。子供だけでなく、座っておしっこをするパパも増えているようです。

しかし、手軽におしっこでできれば、家でも積極的にトレイに行ってくれるようになるかもしれません。

IMG_4864

我が家では、男の子用簡易トイレを設置しました。 壁にひっかけるだけなので手軽に設置できます。(※もともと、壁にひっかけるのだけなのですが、念のため下に手作りの台をつけています。)

便器が小さいからはみ出るような気がしますが、十分に近づけますのでほとんど飛び散りません。 ある程度溜まったら、トイレに流しています。

今では、自分一人でおしっこに行ってくれます。 我が家はシンプルなものを選びましたが、子供がワクワクするようなトイレもたくさんありますのでぜひご覧ください。 楽しくおしっこ!男の子用トイレ大集合

まとめ

いかがでしたでしょうか?環境を整えてあげれば、子供達も積極的にトレイに行ってくれるようになります。 トイレトレーニングもスムーズに進むと思います。ぜひ、お試しください(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク