子供のぬいぐるみの洗濯と長く使えるぬいぐるみの選び方

子供とぬいぐるみ

子供達にとってぬいぐるみはただの人形ではありません。

いつも一緒にいてくれる大切な友達です。

気に入ったぬいぐるみがあると片時も離しません。ご飯を食べるときも、出かけるときも、寝るときもいつもいっしょです。

子供にとっては、心の安定剤とも言えます。

スポンサーリンク

ぬいぐるみにはダニがいっぱい!

でも、ちょっと心配なのが汚れやダニです。

ずーっと洗わないでいれば汚れもつきます。その汚れを餌にしてダニがどんどん発生します。

ダニの死骸は、アレルギーや喘息の原因にもなりますので注意が必要です。

ぬいぐるみを洗うには・・・

ぬいぐるみを洗うといっても簡単にはいきません。失敗するとたいせつなぬいぐるみが大変なことになってしまいます。

素材を確認

まずは洗える素材か確かめましょう。タグに洗濯表示があれば参考にすることができます。

洗濯表示

ポリエステルやビーズ、パイプ素材のものは洗えることが多いです。

また、手洗いマークがあれば洗える可能性が大きいです。わからないときはメーカーに問い合わせてみましょう。

付属品を確認

素材自体が洗えても、ぬいぐるみの目や鼻、飾りなどがとれてしまうことがあります。

しっかりくっついているかも含めて確かめましょう。また、外せるものは外して洗濯しましょう。

洗いかた

洗うときの基本は中性洗剤です。おしゃれ着用かぬいぐるみ用のものがあればベストです。

まずは、ぬるま湯を用意します(暑すぎるとプリントされている糊がとれてしまうことがあります)。

ぬるま湯に中性洗剤を溶かします。

そして、やさしくもみ洗いをしましょう。汚れがひどい所は、指を使って丁寧に洗います。

次にしっかりすすぎをします。たっぷりの水にいれて、もみながら水を含ませます。

最低でも3回以上は行いましょう。

生地の素材によってはゴワゴワするので、柔軟剤などを使うと仕上がりが違います。

水で薄めた柔軟剤を浸み込ませて、しばらくおきましょう。

最後にもう何回かすすぎをします。

ぬいぐるみの乾かし方

乾かす前に十分に水を取り除きます。

軽く絞って、タオルで包みます。

中身がよらないぬいぐるみであれば、タオルごと脱水機に入れます。洗濯機によっては、下着モードやソフトモードなどがありますので、それを利用して優しく脱水します。

最初は数十秒回してみて、中身のより具合などを確認してください。

とにかく脱水は無理をすると、ぬいぐるみが変形して悲しいことになります。素材や縫製が弱そうなときは、軽く絞るだけにしましょう。

ぬいぐるみの干し方

干すときは、直射日光をさけて日陰で干しましょう。風通しのいいところがベストです。

濡れているぬいぐるみは変形しやすいので、置き方にも注意しましょう。

セーターなどを干すときに使うネットなどが便利です。

ダニを防ぐには

残念ながら、洗ってもダニはすべて取り除けません、中に逃げ込んでしまうダニもいます。

ダニシートを使う

布団などで使うダニシートを使います。ぬいぐるみをそのシートと接触させておけば、ダニは自然とシートに集まります。

高温で一網打尽

ダニは表面だけでなく、深いところに隠れています。

でも高温になれば、ダニも死滅します。(50℃で20~30分、60℃だと数秒程度で死滅)

・黒いビニール袋にいれて炎天下の車の中に放置する
・布団乾燥機で高温にする

などがおすすめです。

子供が長く使えるぬいぐるみとは

ぬいぐるみ大好きの子供達のためには、「洗えるぬいぐるみ」を選びましょう。

もともと洗える素材であれば、汚れたらすぐに洗えるし、変形や壊れてしまう心配もありません。

最近はいろいろな種類がでているので、きっとお子さんの気に入る洗えるぬいぐるみも見つかると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク