鍵穴が固くてまわしにくい、鍵が入りにくい・抜きにくい時の対処法

鍵が固くてまわしにくい!

鍵折れた

毎日必ず使う鍵。回しにくかったり、抜けにくくてイライラすることはありませんか?

特に急いでいるときは、強引に回したり、抜いてしまったりしまいがちです。

でも、それを続けていると鍵が折れたり、鍵穴を損傷してしまうかもしれません。

少しでも変だなと思ったら、早めに対処しましょう。

スポンサーリンク

鍵穴の不調の原因となるもの

特別な使い方をしていなくても、鍵穴の不調になる原因はいくつもあります。

鍵自体に汚れがある

鍵はポケットにいれたり、かばんに入れたりすることが多く汚れやすい環境にあります。

気づかないうちに汚れがこびりついていることがあります。

時々鍵をじっくり眺めてみましょう。

鍵穴の潤滑油の不足

もともと鍵穴には潤滑剤が塗られています。しかし、長年使っているとそれが減少して鍵のすべりやシリンダーの回転が渋くなります。

鍵穴に異物がある

鍵穴はとても小さいので、異物が奥まで入り込まないと思いがちですが、鍵についていたゴミや鍵穴付近にあるゴミが鍵を差し込むことで奥に入り込むことがあります。

やってしまいがちだけどやってはいけない対処法

鍵穴の不調はめったにないことです。だからといって、適当な処置をすると悪化してしまうこともあります。

潤滑油をさす

鍵も鍵穴も金属だし、それなら潤滑油だ~と、自転車などに使う潤滑油を使ってみたくなりますが、これはダメです!

金属同士の動きはよくなりますが、異物があったときに固まってしまうことがあります。

また、潤滑油に含まれる成分が鍵穴を傷めることもあります。絶対にやめましょう。

植物油やミシン油なども同様です。

針金や爪楊枝などでゴミを取り除く

鍵穴を除いてゴミなどが入り込んでいるのがわかっても、細い針金や爪楊枝などで取り除くのはやめましょう。

途中で折れてしまって、鍵穴をふさいでしてまうことがあります。また鍵穴を傷つけたり、ゴミがさらに奥に入り込むことがあります。

正しい対処法

すぐにできる正しい対処法を紹介します。

鍵を清掃する

まずは鍵自体の清掃をしましょう。固いものは使わずに使い古した歯ブラシなどを使いましょう。

鍵穴のゴミは吸い取る

鍵穴に入り込んだゴミは、鍵穴の口に掃除機を当てて吸い込みましょう。

可能であれば鍵を開けた状態と閉めた状態で行うとシリンダーの位置が変わるため効果的です。

鉛筆で鍵穴のすべりを良くする

鍵鉛筆
鍵穴は、潤滑油ではなく鉛筆の芯を使って滑らかにします。黒鉛はもともと鍵穴の潤滑剤として使われていますので、鍵穴を傷つけることはありません。

BやB2などなるべくやわらかい鉛筆を使って鍵に塗りこみましょう。カッターなどで細かく削って、鍵にかけてもOKです。

鍵専用の潤滑剤を使う

IMG_3437
鍵穴のクスリII・17ml

大体は、鉛筆の芯でなめらかになりますが、改善しないときは鍵専用の潤滑剤を使いましょう。

洗浄剤入りなので、鍵穴に詰まった汚れも取り除けます。

どうして改善しないときは、プロに任せましょう

これまで紹介した方法で改善しない場合、または改善してもすぐに元に戻ってしまう場合は、本格的なメンテナンスが必要です。

専門の業者さんへシリンダーのクリーニングや交換、鍵自体の作り直しが必要です。

調子の悪いまま放置すると鍵が開かないなど深刻な問題に発展することがあります。

できるだけ早めの対処をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク