足がむずむずして眠れない、気になって落ち着かないなら Fe.eL(フィール)で鉄分補給をしよう。むずむず脚症候群

足のむずむず脚症候群

2015y10m29d_193345832

普段は何でもないのに、夜寝る時になると足がムズムズしたり、足の上を何かが這い回っているような感覚になる。

日中でもじっとしていると、足がムズムズして落ちつかない。

このような症状を「むずむず脚症候群」といいます。

ただ単に足がムズムズするだけですが、それが大きなストレスとなる大変つらい病気です。

2015y10m29d_193306196

また、ムズムズによって眠りが浅くなったり、なかなか眠れないことによる睡眠不足に悩まされることもあります。

足がムズムスする原因は?

むずむず症候群の原因はある程度予想されています。

一番有力なのは、「ドパミン不足」です。

ドパミンは、体中にある神経での情報伝達に関係する重要な成分です。

2015y10m29d_184946389

体にある神経は、お互いに少し離れています。神経を伝わる信号は神経伝達物質によって伝わります。

ドパミンも神経伝達物質の一種ですが、それと同時に信号の遮断という役割を持っています。

例えば、何かを触ったとき、触ったという感覚は時間が経つと消えてしまいます。これにはドパミンが大きく関係しています。

もし、何かの原因でドパミンが不足すると「触った」という刺激は消えることなく続いてしまいます。

それが、感覚としても残り、足のムズムズとして感じると考えられています。

ドパミンが不足する原因と対策

ドパミンが不足してしまう原因はさまざまですが、鉄分の不足も大きく関係しているといわれています。

特に、血液中にある鉄分よりも体に貯蔵されている鉄分が大切と言われています。

体に摂取された鉄分のうち、余った分は「フェリチン」という形で蓄えられます。
※「フェリチン」というのは単なる鉄分ではなく、鉄とタンパク質の複合体です。

ある調査で、むずむず脚症候群の患者の血液を調べたところ、血液中の鉄分は正常でも「フェリチン」の濃度低かったという報告がでています。※むずむず脚症候群を専門家は、鉄分だけでなく、フェリチンの測定を推奨しています。

フェリチンをはじめとする鉄分は、ドパミンの材料となるため、不足するとドパミン量の低下につながる可能性があります。

予防や治療には効率的な鉄分の補給が大切といえます。

大人だけじゃない鉄分の不足

むずむず脚症候群は、大人だけに病気ではありません。学校に通う子供も発症している可能性は十分にあります。

じっとして立っていられない、授業を集中して聞いていられない、などの場合は、もしかして鉄分が不足しているのかもしれません。

鉄分の不足は、成長抑制や学習障害にもつながりますので、気のなる場合はきちんとした検査をおすすめします。

鉄分にもいろいろな種類がある!

現在、鉄分はサプリメントという形でも多く発売されています。

しかし、鉄分は種類によって体に取り込まれる割合が違うため注意が必要です。

2015y10m28d_183028452

Fe.eL(フィール)は、吸収効率の高いヘム鉄で作られています(非ヘム鉄の5倍の吸収率)。

また、国産原料にこだわり、高い品質を持っています。

1日2粒で鉄分の不足分を十分に補うことができます。また、鉄分だけでなく、体の血液のめぐりを良くする成分も配合されています。

むずむず脚症候群でお悩みなら、ぜひおすすめしたいサプリメントです。

Fe.eL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする