ブログ記事を自動でTwitterにツイートしてくれるプラグイン Fudousan Tweet Old Post

2015y07m09d_194337164

ブログの記事(過去の記事)をTwitterに自動投稿してくれるプラグインの紹介です。

埋もれてしまいがちな過去の記事を、多くの人に読んでもらったり、Twitterで拡散することができます。

ほぼデフォルトの状態のSimplicityでこのプラグインを使用しています。

プラグインのダウンロードと使い方

今回は、「不動産 Tweet Old Post」というプラグインを使います。

WordPressの公式プラグインではありません。Tweet Old Postという公式プラグインがアレンジされたプラグインです。

まずは、こちらでダウンロードしてください。

下の方にダウンロードアイコンがありますので、クリックします。

fudousan old post download

ZIP形式のファイルがダウンロードされます。

スポンサーリンク

プラグインの有効化

WordPressのダッシュボードに入ります。

プラグイン → 新規追加

プラグインのインストール → アップロード → ファイルを選択

→ fudou-tweet-old-post.zip を選択

→ 今すぐインストール → 有効化

プラグインの設定

プラグイン → インストール済みプラグイン → Fudousan Tweet old postの設定を開く

※この設定の前に、自分のTwitterにログインしておくと、連携アプリ認証がスムーズに進みます。

ツィッター連携アプリ認証 → Sign in with Twitter

連携アプリを認証 → 認証されると表示されます。

項目の設定:説明とおすすめ設定

設定1

ツイートの内容

通常はタイトルのみでいいと思います。

追加のテキスト(文章の先頭)

ツイートした文章の前につけるテキストです。
「人気記事紹介」や、「おすすめ記事」などお好みでつけてください。

追加のテキスト(文章の後方)

ツイートした文章の後につけるテキストです。

記事のURLを含める

ツイート経由で記事を読んでもらうことが目的なので必ず「はい」にしましょう。

カスタムフィールドからURLを取得

通常は使いません

URL短縮サービス利用?

ツイートにURLを含めるときにURLが長くなってしまうと、かっこ悪い&クリックしてくれる率が下がります。

短縮URLを使いましょう。それぞれの特徴がイマイチ分かりませんが 「is.gd」で問題なく使えています。

ツイートに画像を含める

画像があったほうがインパクトが大きいのでぜひ画像を含めましょう。

記事のアイキャッチ画像か本文内の大画像(400px×150px以上)が自動で挿入されます。

設定2

ハッシュタグ

ツイートにハッシュタグをつけるかどうかの設定です。

ハッシュタグがあったほうが、Twitterで検索されやすくなります。カテゴリか記事のタグから取得するのがいいと思います。

Tweetの最小時間

どのくらいの間隔で自動投稿するかの設定です。多すぎると、嫌われたり、宣伝目的のスパム扱いされてしまうかもしれません。

4~6時間間隔がおすすめですが、お好みで設定してください。

ツイート対象(最小経過日数)

記事を投稿して何日経ったものを自動投稿の対象とするか?

ツイート対象(最大経過日数)

投稿して何日前までの記事を投稿するかの設定です。長すぎると季節はずれや古い記事がバンバン投稿されてしまいます。

ツイート対象絞込み日付

経過日数を投稿日で計算するのか、更新日で計算するのかの設定

一回のツイート投稿数

一回の自動投稿で何記事投稿するか あまり多すぎると嫌がれてたりスパム扱いされるかもしれません

ツイート対象 投稿タイプ

対象を投稿記事にするのか、固定ページにするのかの設定。

普通は投稿記事だけでいいと思います。

設定3

対象から除外するカテゴリ

自動投稿したくないカテゴリーを選択します。

保存と投稿テスト

保存

すべて設定したら変更保存を忘れずにしましょう。

試しにツイートしてみます。

保存の横にある「ツイートする」のアイコンをクリックします。

自分のTwitterのアイコンを確認してみましょう。

ツイート内容確認

このようにツイートされました。

この後は設定した時間ごとに任意の記事がランダムに投稿されます。

手軽にSNSに拡散できますので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク