こんなに違う!肌を痛めない日焼け止めの塗り方・選び方のコツ

日焼けのシーズンがやってくる!

まもなく暑い季節がやってきます。
レジャーやスポーツを楽しむ方も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが「日焼け」です。

こんがり小麦色に焼けると健康的には見えますが、お肌には大きなダメージを与えます。

シーズンオフに後悔しないようにしっかり日焼け対策をしましょう。

日焼け対策の定番

日焼け対策の定番といえば、日焼け止めですよね。塗るだけで、強い紫外線からお肌を守ってくれます。露出の多い夏の季節には欠かせません。

毎年にように新製品が発売されています。

日焼け止めの仕組み

紫外線を防ぐ仕組みは大きく分けて2つあります。
紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と紫外線を反射したり分散させる「紫外線散乱剤」です。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤

紫外線は高いエネルギーを持っていますが、そのエネルギーを吸収して熱エネルギーに変換したり、吸収剤が変性することでエネルギーを消費してお肌を守ります。

紫外線散乱剤

酸化チタンや酸化亜鉛などをパウダー状にしたものが使われます。
散乱剤が紫外線を散乱(反射)させることで、お肌を守ります。

日焼け止めによる肌へのダメージ

紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めですが、実は日焼け止め自体がお肌にダメージを与えることがあります。

紫外線吸収剤によるダメージ

紫外線散乱剤は、紫外線を吸収してそのエネルギーで、別の物質に変化(変性)することでエネルギーを消費します。

それによって紫外線によるお肌のダメージを防ぎます。

しかし、その変性してできた物質自体がお肌にダメージを与えます。お肌が弱い人には炎症を起こしたり、アレルギーを引き起こしたりします。

紫外線散乱剤によるダメージ

紫外線散乱剤は、酸化チタンや酸化亜鉛が使われることが多いですが、これらの物質がアレルギー反応を引き起こすことがあります。

日焼け止め能力を示すもの

どの日焼け止めにも必ず紫外線を防ぐ能力を示す数値が記載されています。

SPF値

SPF(Sun Protection Facter)は、主にUVB波を防ぐ能力を示しています。

この数値は、人工の太陽を照射して、何も塗らないときと比べて、どのくらいの時間で赤くなるかを測定した値です。

SPF1=1 何も塗らないとき20分で赤くなる
SPF=10 これを塗ると200分で赤くなる
SPF=20 これを塗ると400分で赤くなる
SPF=50 これを塗ると1250分で赤くなる

つまり、紫外線を防ぐ効果の持続時間の目安です。

PA値

PA(Protection Grade of UVA)

PA値は主にUVA波を防ぐ能力を示しています。
この数値は人工の太陽を2~4時間照射してどれくらい黒くなるかを測定したものです。

PA+ UV防御効果がある。紫外線の対策に適する
PA++ UV防御効果がかなりある。生活紫外線・屋外での活動時の対策に適している
PA+++ UV防御効果が非常に高い。屋外での長時間の活動時の対策に適している

つまり、防ぐことのできる紫外線の強さの目安です。

SPF値、PA値ともに高い数値のほうが紫外線を防ぐ能力は高いです。

しかし、それは紫外線吸収剤、紫外線散乱剤の含有率が高いということです。

その分お肌へのダメージが強くなります

日焼け止めによる肌へのダメージの減らし方

過剰な能力をもつ日焼け止めを使わない

日焼け止めに必ず書かれている、SPF値、PA値を参考にして自分に必要な能力をもつ日焼け止めを選びましょう。

過剰な能力をもつ日焼け止めは、お肌へのダメージを増加させます。大は小を兼ねるという発想は捨てて必要最低限の能力のものを選びましょう。

例えば、ちょっとしたお出かけしかしないのに、持続時間が1250分のSPF50は不要です。

お肌をいたわる成分が入っているものを選ぶ

最近は、保湿や美容成分を含んだ日焼け止めも多数販売されています。

また、日焼けによってお肌が黒くなりにくいようにメラニンの合成を抑える成分も含んだものも販売されています。

紫外線吸収剤不使用、添加物が無いものを選ぶ

多くの場合紫外線散乱剤よりも紫外線吸収剤のほうがお肌に与えるダメージが大きくなります。

紫外線散乱剤不使用か少なく配合されているものを選びましょう。

楽天: 2015 日焼け止め特集

アマゾン: 2015 日焼け止め特集

ちょっとひと工夫

日焼け止めを地肌に塗る前に、乳液を塗りましょう。

お風呂上りなどで子供が保湿のために塗るようなタイプのものでいいです。

その上に日焼け止めをぬることで、お肌へのダメージをうんと減らすことができます。

お肌へのダメージのこだわるなら

化粧品と同じように、日焼け止めもちょっとグレードをあげるだけで、お肌へのダメージは激減します。

また、豊富な配合成分によって、お肌の美容にも効果的です。

シーズンオフに後悔したくない、長期的にお肌を大切にしたい方は、ワンランク上の日焼け止めも使ってみましょう。


石油成分を使わない、オーガニック成分でお肌にやさしい。
日焼け止めなのに、使ってもくすんだ色にならない。ファンデーションいらずで薔薇色肌



今日のレシピ!

何事も適度が肝心!効果が強ければ肌へのダメージも大きいと覚えておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク