自分でできる口臭のチェック方法

簡単にできる口臭のチェック方法

dental

口臭は多くの人が悩む深刻な問題です。

その理由としては、

自分で分からない

人間の鼻は、敏感にできていますが常に嗅いでいるにおいには鈍感です。自分の鼻のにおいはもちろんのこと、自分が出す息(口臭)は分かりません。

人から指摘されない

口臭は、人から指摘されることはほとんどありません。汗の匂いとなどとちがって、口から出る匂いということで、指摘することはその人の尊厳?に関わると考える人が多いからです。

自分の家族や本当に心配してくれている人から指摘されることもありますが、それはまれといえます。

自分で分からないから悩む

口臭は自分で分からないため、実は臭いのでないだろうか?みんな臭いと思っているけど言わないだけではないだろうか?と疑心暗鬼になりがちです。

一度そうなると、気になってしまい一人で悩むことになります。

実は全然そうではないのに、相手が顔をそむけた理由を口臭と結びつけたりもしてしまいます。

医学的には心理的口臭と呼ぶそうです。

ひどくなると、人と話すことが怖くなり対人関係にも問題がでることがあります。

スポンサーリンク

自分の口臭を嗅いでみよう

普段は自分の息の匂いは分かりませんが、嗅ぐ方法はあります。

コップを使う

一番手軽な方法です。コップの中に息を吹きかけすぐに手でフタをします。すぐに嗅がずに何度か新鮮な空気を吸い込みます。

そして、コップの中の空気を嗅いでみましょう。

唾液の匂いを嗅ぐ

腕をベロンと一度なめてみましょう。そしてそのまま乾くまで30秒程度おきます。

ある程度乾いたら匂いを嗅いでみましょう。

口臭チェッカーを使う

口臭の大きな原因は、細菌がたんぱく質を分解してできる硫化物です。

口臭チェッカーは硫化水素やメチルメルカブタンといった成分を検出してくれます。

歯科でチェックしてもらう

最近は口臭で悩む人が多いため、口臭外来を設置している歯科も増えています。

精度の高い医療用の器具でしっかり見てもらうことができます。また、原因を調べてもらうことで治療につなげることもできます。

気にしすぎる前に一度調べてみましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク