これで快眠!寝るときにでる咳(せき)を止める方法

日中は、のどの奥がムズムズする程度なのに、夜寝ようとして布団に入ると咳が出て寝れないことはありませんか?
そんなときに簡単に咳を止める方法を紹介します。

ごまっちょ

あくまで経験談なので、すべての人にあてはまるかわかりません。

寝るときに止まらない咳(せき)を止める方法

風邪の引きはじめや、治りかけのときに、のどの奥がむずむずすることがあります。

なんだかむずかゆい感じがするため、ついつい咳払いをしてしまいます。

  • 咳払いをすれば、のどの奥が少しすっきりしてしばらくはおさまる・・・
  • 日中は、あまりひどくないのに夜になると出始める・・・

 

そうだとしたら、もしかしてアレルギー性の咳(せき)かもしれません。

普通の咳とアレルギー性の咳

咳(せき)といってもいろいろなタイプがあります。

一般的に風邪などでのどの奥に炎症などがあると、咳がでます。それ以外にも気管支や肺に炎症があると咳がとまらず喘息のような症状になります。

そんなときは、呼吸中枢に働きかける薬や気管支を広げる薬を使うことで改善させることができます。

でも、アレルギー性の咳は、それらの薬を使ってもあまり効果がありません。

寝るときにでる咳はつらい

アレルギー性の咳は、夜になるにつれてひどくなります。

そして、寝ようとして布団に横になると止まらなくなります。

のどのムズムズ感が増してきて、気になって寝れません。そしてついつい咳をしてしまい、それが続きます。

なかなか寝れないので、本当に辛くなります。

夜になるとひどくなる理由は自立神経にある

他の咳と違って、アレルギー性の咳が夜になるとひどくなる理由は、自立神経の働きにあります。

人間の神経には交感神経副交感神経があります。

日中は、交感神経が優位になって体をコントロールしていますが、夜になると次第に副交感神経の働きが強くなります。

そして、寝るときになると副交感神経の方が優位になり、血圧や体温を調整して眠りに落ちます。

MEMO
もともとアレルギーをもっている人は、風邪の引き始めや治りかけなど、体力と免疫力が落ちている時アレルギー症状がでやすくなります。

アレルギーが神経のバランスを崩す

体調が悪いとき、体はアレルギー症状を抑えようと交感神経を活性化します。

夜間になり、体を休めるために副交感神経が働き始めますが、活性化しすぎた交感神経を押さえるため、副交感神経の働きも強くなります。

副交感神経は、体を休めるために気道や器官を狭くする働きがあるため咳がでやすくなります。

これが、夜、そして寝る直前になるとアレルギー性の咳が止まらなくなる理由です。

アレルギー性の咳は止められる?

アレルギー性の咳をとめる方法は、いろいろ知られています。

体を横向き、あるいはうつ伏せで寝る

上を向いて寝ると首自体の重さで気管が圧迫されます。体位を変えることで気管が狭くなりにくいようです。
また、鼻水などが喉の方に流れていかないので、咳が出にくくなります。

鼻呼吸をする、マスクをする

口をあけて寝ているとのどが乾燥しやすくなります。

鼻呼吸が理想ですが、鼻が詰まっていたり普段からイビキが強い(口呼吸)人はマスクをすると良いようです。

温かい飲み物を飲む、冷たい飲み物を飲む

これはどちらの意見もあるようです。

「冷たいのものを飲むことで副交感神経の働きを和らげる」という意見もあれば、「温かいものを飲むことで、狭くなった気道や気管支を広げる」という意見もあります。

実際試してみると、冷たいものを飲むと咳が出て、温かい飲み物を飲むとのどの血流が良くなってムズムズ感が強くなり、結局咳が出ました。

ライフレシピ的な対処法!

さて、これまで紹介した方法は利にかなった方法ではありますが、ごまっちょには劇的な効果はありませんでした。

実はごまっちょは、季節の変わり目や旅行の後には必ず風邪を引きます。風邪の治りかけで咳が出始めて1ヶ月くらい苦しむというのを毎年繰り返しています。

咳が止まらなくて、寝付けない夜も何度も経験しました。

そしてついに、見つけた方法を紹介します。

それは・・・

片方の鼻にティッシュをつめる!

です。「なんじゃそらー」という声も聞こえてきそうですが、一度試してみてください!

鼻ティッシュだけでは心配であれば、

アレルギーの薬を飲む+横を向いて寝る+マスクをする+鼻ティッシュをお試しください。

ごまっちょ

自分だけに効くのか、他に人にも効くのか気になります。試してみた方はぜひコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です