認知症はどうやって調べる?病院で行われる検査

病院で行われる認知症の検査の種類と方法

認知症は、原因がそれぞれ違います。

  • 血管性認知症・・・脳血管障害
  • アルツハイマー型認知症・・・ベータアミロイドやタウ蛋白の蓄積
  • レビー小体型認知症・・・アルファ・シヌクレインの蓄積
  • 前頭洞型認知症・・・原因は不明

認知症の治療には長い時間がかかります。最初に詳しく検査をして、どのタイプか正しく判断してから治療を始めることが大切です。

中核症状と周辺症状

認知症には「中核症状」「周辺症状」があります。

  • 中核症状:脳細胞がダメージを受けることででる症状です。
  • 周辺症状:「行動・心理症状」とも呼ばれ、その人が元々もっていた性格や生活環境によってでる症状です。そのため、人によって違います。

認知症の症状はこの中核症状と周辺症状があわせて出るため、同じ認知症であっても症状はそれぞれ違います。

場合によっては、症状だけでは、どのタイプの認知症か判断が難しいということもあります。

そのため、認知症の診断では、いくつもの検査を行います。

専門の医師による診察

認知症の診察は、部屋に入った瞬間から始まっています。

認知症の専門の先生は、患者さんが部屋に入るときの動作や歩き方、挨拶の仕方など全ての動作に関し神経を尖らせて観察しています。

診察中の緊張した状態よりも、日常の動作が大きなヒントになることもあります。

十分な診察が行われたあと、認知症の検査が行われます。

神経心理学的検査

主な目的は、認知機能障害のパターンや重症度の把握、経時的な変化の把握です。

知的機能、認知機能、記憶、実行機能などを調べます。

検査は口頭での質問や筆記による知能検査、記憶検査、人格検査などです。

神経心理学的検査について読む

認知症の画像検査

認知症になるとさまざまな機能が低下します。その中の一部を画像化して評価するのが画像検査です。

脳の血流の状態交感神経機能線条体を画像化して評価します。

認知症の画像検査について読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です